データで学ぶ内部情報漏えい対策、どこから手を付けるのが最善?

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > DLP > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/25


NECソリューションイノベータ

データで学ぶ内部情報漏えい対策、どこから手を付けるのが最善?
多くの企業が情報漏えい対策として、外部攻撃中心の対策を実施している。しかし、実際の情報漏えい事件・事故の9割近くは内部関係者から生じている。セキュリティ事故を防ぐためには、内部漏えい対策についても十分な理解が必要だ。

 近年、標的型攻撃などによる情報漏えいが大きな問題となっている。しかし、情報漏えい事件・事故の9割近くが、このようなサイバー攻撃ではなく、内部関係者から発生していることは意外と知られていない。

 日本ネットワークセキュリティ協会の調査による、漏えい原因の1位は「紛失・置き忘れ」で、発生件数全体の30.4%を占める。続く2位は「誤操作」(同25.8%)、3位は「管理ミス」(同18.0%)となっている。そのため、セキュリティ事故を防ぐためには、不正アクセス対策と内部漏えい対策の2軸で展開することが重要となる。

 本コンテンツでは、昨今のセキュリティ事故について、傾向や比率などのデータや事故事例を基にそれぞれの考え方、特徴を整理する。さらに、内部情報漏えい対策例として、システム全体を俯瞰した図解を通じて、対策方法を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 NECソリューションイノベータ株式会社


掲載企業 NECソリューションイノベータ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「痕跡のない脅威」が増加――セキュリティ調査で見えた2つの攻撃手法

標的型サイバー攻撃に関する最新レポートによると、攻撃手法のトレンドは「ツールの現地調達」と「ファイルレス攻撃」であるという。攻撃者が身を隠しやすく、痕跡も残さな…

「攻めのITインフラ」の実現を阻む企業内ネットワークの課題とは

今や「攻めのITインフラ」を実現する上で欠かせないのがネットワークの柔軟性や安全性、そして運用管理だ。最適な運用管理で攻めのITを実現する理想のITインフラを探…

自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには?

クラウドの導入に当たっては、業務内容を把握し、導入目的を明確にしなければ期待した効果は得られない。では、どのように自社にとって最適なクラウド環境を選定するのか。…

「SAP S/4HANA」に適したクラウド構築――コスト削減の秘訣は?

ERPなどの基幹システムにかかる多大なコストや運用負荷。仕方ないと諦めるしかないのだろうか。本Webキャストでは、基幹システムに適したクラウドシステムを活用する…

海外拠点の“無法地帯化”を防ぐ、本社主導のセキュリティ運用管理術

海外拠点のIT運用を現地任せにした結果、セキュリティ上のリスクを抱えたり、業務効率が低下したりするケースが見られる。そこで、日本にいながらにして、低コストで海外…

A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは?

製品マニュアルやプレスリリースなどの品質向上に欠かせない校正だが、チェック漏れや作業時間の長期化などの課題も抱えている。そこで活用したいのが、文章校正支援に特化…

脆弱性を迅速かつ的確に把握、管理者の手間を削減する自動化ツールの実力は?

企業のセキュリティ管理者にとって、日々発見される脆弱性への対処は大きな課題。手間や時間がかかるため、つい放置してしまう管理者もいるかもしれない。しかし業務へのダ…

サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由

企業のIT活用において、経験を積んでもなかなかなくならないものがメールの誤送信だ。場合によっては取引の停止や重大なインシデントになり得るメールの誤送信。ミスを防…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029180


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ