無限大に襲う標的型攻撃を“コスト最適”に対策 BIG-IP

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/09/21
更新日:2016/11/07


「セキュリティ対策はいたちごっこ」ではあるが、他にも要因が

 
 国内の企業や官公庁を狙った標的型攻撃が増加している。ただ多くの企業では、これまで長年にわたって情報セキュリティに取り組んでおり、一通りの対策は既に行っているはず。それでも深刻な被害が続出してしまうのはなぜなのだろうか。

 「セキュリティ対策はいたちごっこである」といえばそれまでだが、昨今では他にも大きな要因がある。それはSSLによって暗号化された通信の増大、そして、それを“隠れみの”にした脅威の急増だ。こうした脅威を検知するためには、いわゆるSSL可視化が必要だが、ただ見えるようになればいいというわけではない。多くの企業では“適切なコスト”で実現したいと考えているはずだ。すなわち、既存のセキュリティ投資を保護しつつ対策を強化し、しかも拡張性も確保したいというのが本音だろう。

 こうしたSSL可視化の真のニーズに応えるために重要となるのが“どのような構成でSSL可視化を行うか”という点だ。以下、詳しく解説していこう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「無限大に襲う標的型攻撃を“コスト最適”に対策 BIG-IP/「セキュリティ対策はいたちごっこ」ではあるが、他にも要因が」 (全文)では、「無限大に襲う標的型攻撃を“コスト最適”に対策 BIG-IP」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「無限大に襲う標的型攻撃を“コスト最適”に対策 BIG-IP」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 ネットワーク接続機器管理・遮断ソフトウェア 「RS-SHADAN」 【エス・シー・ラボ】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説 ネットワークに接続される機器情報(デバイス情報、デバイス管理情報、利用者情報)を自動収集し、リスクのあるPCを遮断するセキュリティ強化ソリューション。 クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 F5ネットワークスジャパン合同会社 テクマトリックス株式会社


掲載企業 F5ネットワークスジャパン合同会社 テクマトリックス株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


脆弱性の約半数を発見、脅威対策の最前線を支える世界的コミュニティーの正体

公開サーバの脆弱性を利用した攻撃が、2017年以降急増している。脅威への対応が難しくなるなか、ある調査機関によると世界で報告される脆弱性の約半数を発見していると…

Office 365はそのままでは危険? モバイルでSaaSを安全・快適に使う方法

モバイルの普及で働き方の多様化が進む一方で、ワークスペースの分散によりセキュリティ面での課題も増加している。あらゆるデバイスにセキュアな業務環境を提供しつつ、ユ…

一人情シスでも安心、「仮想化データセンター」の手軽な利用法

IT人材の不足に悩む企業にとって、仮想化データセンターは、拡張性や可用性、セキュリティなどを容易に高められる魅力的な選択肢だ。そこで、一人情シスでも、このような…

いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識

ソフトウェア定義データセンター(SDDC)のデータ管理アプローチでは、「物理」「仮想化」「管理」の3つの論理層に分けてプロセスを考える。それぞれの層でできること…

HCIは実は難しい? 専門SIerに聞く、効果を高めるための運用術

導入が迅速かつ簡単といわれる「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。だがシステムを安定運用するには、運用の仕組みや周辺技術を理解しておくことが非常に重要だ。

「働き方改革実現」だけではなく効率的な業務も実現 驚きの施策とは

働き方改革が話題に上ることが増えてきた。さまざまな仕組みが話題になっているが、本当に必要なものはいざというときのための「余裕」ではないだろうか。

仮想化基盤統合、性能とコストを犠牲にしない選び方

HCIなどの登場で効率化が進む業務システムの運用。しかし、いまだに統合できない環境が残るのが多くの企業が抱える現実だ。だが、これを解消する技術が登場したという。

バックアップデータを狙う攻撃が増加、被害を防ぐ2つの方法とは

ビジネスの停滞を防ぐためにはバックアップとセキュリティ対策の統合的な運用が必要になってくる。本稿では「サイバーリカバリー」という新たな考え方を紹介する。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029158


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ