そこが知りたい!SFA 〜解決が期待できる4つの業務課題〜

IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > SFA > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/16
更新日:2016/09/27


ジャストシステム

製品選定〜コストまで徹底ガイド! SFAの”そもそも”のハナシ。
SFAというキーワードには聞き覚えがあっても「何ができるものなの?」「CRMとは何が違うの?」といった疑問を持つ人も多いのでは。基本機能や活用法、解決が期待できる課題など「そこが知りたい!」を、サッと読めるeBookにまとめました。

 SFA(営業支援)システムは、商談の進捗状況など営業活動の可視化、営業部門内での情報共有、営業活動の効率化や支援など、数多くのメリットをもたらします。実際、導入によって業績が伸びたという報告も少なくありません。

 一方でせっかく導入したものの「定着しない」「活用できない」「運用できない」という声が聞かれるのも事実です。成功する企業と失敗する企業は、何が違うのでしょうか? せっかく導入するのであれば失敗に陥らないために、まずはどのようにSFAを選んだらいいのか、選択時のポイントを紹介しましょう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ジャストシステム


掲載企業 株式会社ジャストシステム

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

ドラッグ&ドロップで構築! 業務部門に振り回されなくなるシステム構築法とは

システムは情シスが一気に構築していくのが通常。だが業務の状況によって変更・追加、工期が延び追加コストも必要…というのが実状。そこでこの事例。情シスと業務部門が共…

経営会議で分析レポートがベタぼめ! その部門が用いた秘策とは?

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BIを導入しても残り続ける…そのExcel作業を一掃する方法とは?

「BIを導入したはずなのになぜいまだにExcelでグラフ化しなきゃならないの?」業務部門から数多く聞かれる嘆きの声。そこで、そのExcel作業を一掃し、データ集…

「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング

ビッグデータ分析技術は、今や現実的なテクノロジーとして定着しつつある。しかし導入を成功させ、企業の成長に生かすまでには、全社的な取り組みが重要だ。適切な導入には…

「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?

複雑化する企業のデータ基盤。その影響はシステムの処理に遅延をもたらし、迅速な経営判断の足かせとなっている。このボトルネックを解消するには、データ処理を根本的に効…

ファイルサーバレコーディングダイエット法の知られざる威力とは

ファイルサーバの肥大化対策として話題のレコーディングダイエット法。体重(=容量)や脂肪(=不要ファイル)を定期的にレポーティングする方法だが、短期間で劇的な効果…

実録! 肥大化ファイルサーバのお引越。某社がスリム化できた理由

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

コストはかけたくないけど短期間で集客したい場合に最適なコンテンツとは?

中小企業にはハードルが高く感じられるネット集客。その運用を困難なものとする誤解や課題を解消し、知識やノウハウがない企業でもすぐにネット集客を実践できるように支援…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029154


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ