「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/25
更新日:2016/10/25


そのバックアップは、有事の際に本当に役に立つのか。

 
 ビジネスにおいてITが占める役割が大きくなるにつれ、災害やシステム障害といった不測の事態に備えるための災害対策(DR)の取り組みが重要性を増しつつある。特に近年、九州における震災や関東で続発する地震などの影響から、あらためて企業ITにおけるDRの重要性がクローズアップされている。

 2011年に発生した東日本大震災を契機に、ミッションクリティカルなシステムを抱える企業の多くは、どうしても止められない一部の重要システムを対象に、多額の予算を投じてゼロダウンタイムと全自動復旧を兼ね備えるDRシステムの構築に乗り出している。一方、万が一の際の復旧優先度が2番手、3番手のシステムに関しては、そう多くの予算をDRに投じるわけにはいかない。

 そこで安価なバックアップ製品や、仮想化ソフトウェアの仮想マシン複製機能を使って、「取りあえず仮想マシンのバックアップやコピーデータをとっておけば何とかなるか」というレベルで済ませているケースが多く見られる。しかしこうしたDRの仕組みは、果たしてどれだけ実効性があるだろうか。

 たとえ復旧優先度が2番手、3番手であっても、システム復旧に何週間もかかってしまうようでは、多くの場合、ビジネスに多大なダメージを与えてしまうだろう。それ以前に、本当にシステムを復旧できるのか。仮想マシンのコピーデータをとってあることと、それを起動してアプリケーションを正常に稼働できるのかは、全く別の話だ。

 結局、一部の高額でハイエンドなDRシステム以外は、実際ほとんど実効性を持たないのが実情ではないだろうか。こうした「やっているつもり」のDRから脱し、真に実効性のあるDRを実現するためにはどうすればいいのだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication/そのバックアップは、有事の際に本当に役に立つのか。」 (全文)では、「「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ヴィーム・ソフトウェア株式会社


掲載企業 ヴィーム・ソフトウェア株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


手薄になっているクラウド上のシステム監視、楽して運用できる方法とは

パブリッククラウドやSaaSで利用している業務系および情報系のシステムは、オンプレミスもしくはプライベートクラウドで運用している基幹系システムと部分的に連携して…

絶対止めてはいけないシステムを「Always-On」に移行する4ステップ

計画内、計画外を問わず、システムダウン時間の影響を受けずに、常にビジネスサービスを維持する「Always-On」の考え方が多くの企業に浸透してきている。組織内外…

クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは?

複雑、難しいと思われがちな、クラウド環境へのバックアップ。成功するかどうかは、選定するバックアップソリューションに掛っている。そこで、クラウド環境の利用が未経験…

製造業なら当たり前 備えておくべき情報プラットフォームの条件

多くの製造業は、新興国に拠点を設けて事業拡大をしてきたが、急激な経済成長に伴い、事業を支える情報基盤に求められる要件も大きく変化してきている。国内外問わず拠点展…

事例で解説:仮想環境には”健康診断”が必要不可欠だった!

仮想化基盤を定期的に診断し、潜在的な課題を可視化することは、安定稼働や運用コスト削減に欠かせない。そこで、最近は「仮想化健康診断」サービスを活用して、環境や運用…

アイデアエコノミー時代注目ITインフラを「10の理由」で解説

アイデアエコノミー時代、「コンポーザブル・インフラストラクチャ」が注目されている。コンピューティング、ストレージ、ネットワークの各要素をコンポーネントとして組み…

MS担当者が本音で語る Windowsアプリ開発基盤導入のメリット・デメリット

アプリケーション開発者にとって重要な、アプリ実行基盤や開発環境の選択。多種多様な端末に対応させたいが、既存のノウハウや資産も活用したい。クロスプラットフォーム開…

データ共有などに便利なクラウドストレージ。主要オススメサービスを一挙紹介!

クラウドのデータ保管場所として広く普及する「オンラインストレージ」。ビジネスで使うにはセキュリティや運用管理が非常に重要だ。ビジネス用途の最適なオンラインストレ…

そのビジネスチャット、本当に安全? 手軽だからこそ潜む情報漏えいのワナ

機密情報を扱う法律事務所では堅牢なセキュリティ対策が必須だが、ガチガチでは仕事がはかどらない――そんなジレンマの解決に取り組んだ、コスモポリタン法律事務所の事例…

米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは

コスト削減だけを目的にオープンソースソフトウェア(OSS)を使うのはもったいない。硬直的なシステムを変革するにはOSSの真のパワーを解き放つ必要がある。調査会社…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029056


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ