「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/25
更新日:2016/10/25


そのバックアップは、有事の際に本当に役に立つのか。

 
 ビジネスにおいてITが占める役割が大きくなるにつれ、災害やシステム障害といった不測の事態に備えるための災害対策(DR)の取り組みが重要性を増しつつある。特に近年、九州における震災や関東で続発する地震などの影響から、あらためて企業ITにおけるDRの重要性がクローズアップされている。

 2011年に発生した東日本大震災を契機に、ミッションクリティカルなシステムを抱える企業の多くは、どうしても止められない一部の重要システムを対象に、多額の予算を投じてゼロダウンタイムと全自動復旧を兼ね備えるDRシステムの構築に乗り出している。一方、万が一の際の復旧優先度が2番手、3番手のシステムに関しては、そう多くの予算をDRに投じるわけにはいかない。

 そこで安価なバックアップ製品や、仮想化ソフトウェアの仮想マシン複製機能を使って、「取りあえず仮想マシンのバックアップやコピーデータをとっておけば何とかなるか」というレベルで済ませているケースが多く見られる。しかしこうしたDRの仕組みは、果たしてどれだけ実効性があるだろうか。

 たとえ復旧優先度が2番手、3番手であっても、システム復旧に何週間もかかってしまうようでは、多くの場合、ビジネスに多大なダメージを与えてしまうだろう。それ以前に、本当にシステムを復旧できるのか。仮想マシンのコピーデータをとってあることと、それを起動してアプリケーションを正常に稼働できるのかは、全く別の話だ。

 結局、一部の高額でハイエンドなDRシステム以外は、実際ほとんど実効性を持たないのが実情ではないだろうか。こうした「やっているつもり」のDRから脱し、真に実効性のあるDRを実現するためにはどうすればいいのだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication/そのバックアップは、有事の際に本当に役に立つのか。」 (全文)では、「「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「「15分以内の復旧」Veeam Backup & Replication」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2018-RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ヴィーム・ソフトウェア株式会社


掲載企業 ヴィーム・ソフトウェア株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Amazonギフト券が当たる:「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート

簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント。「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート、…

AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素

クラウド環境のシステムの安全は、クラウド事業者のセキュリティ対策だけでなく、ユーザー企業自身の対策が加わって初めて確保できるといえる。そのためにユーザー企業自身…

“一人情シス”でも安心、中小企業が目指すべき「次世代ITインフラ」とは?

変化に柔軟なITインフラの構築は、大企業よりもむしろ中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際にITインフラを変えるためには、どのような手段があるのか。

感染端末の見逃しは本当にないのか? 「インシデント終息」を証明する方法

不正プログラムの感染によるインシデントを終息させるには、顕在化した端末の特定/対処だけでは不十分だ。ネットワーク内の感染範囲を特定し、潜在的な脅威まで検証する方…

【PC、ギフト券プレゼント】Windows 10移行に関するアンケート

お勤め先におけるWindows 10移行に関するアンケートのご協力のお願いです。回答いただいた方の中から抽選で1名様にデルNew Latitude 5290 2…

「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で

取引先や経営幹部を装い「振込先変更」のメールを送り、多額の金銭をだまし取るビジネスメール詐欺(BEC)。単純だが多くの企業がだまされるBECへの根本的な対策とは…

本当にカタログ通りの性能? USENが徹底的な実機検証の末に選んだノートPCは

USENは1400台ものノートPCの一斉リプレースに着手した。求められたのは「軽く、8時間以上のバッテリー駆動」が可能な機種。ただ、カタログスペックと実機性能は…

Webサービス拡充が生んだリスクを解消、アコムが選んだ“多層防御”アプローチ

金融大手のアコムが実施したWebサービスの拡充。利便性を高めるサービスの拡充と同時に実施したセキュリティの強化によって、より堅牢な環境を構築した。同社がとった多…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029056


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ