IoT活用術:ビッグデータ分析の工数を劇的に減らすポイントは?

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > ビッグデータ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/09/09


ネットワールド

IoT活用術:ビッグデータ分析の工数を劇的に減らすポイントは?
IoTを活用する企業が増え続ける中、データサイエンティストの不足が懸念されている。最大の問題は1つの分析作業に非常に多くの時間がかかることだ。そこで、分析方法を変え、工数を圧倒的に削減できるサービスを紹介する。

 IoTの活用は、収集したビッグデータを分析した結果を元に新しいサービスを始めたり、業務の最適化をしたりすることにある。つまり、データを整理し分析をしない限り、なんの価値も生まれないということになる。

 しかも、IoTなどで使うセンサーデータや、Twitterなどのインターネットデータを利用する場合、目的の分析をするためにデータ形式の加工作業に多くの時間を要する。データサイエンティストが「業務の80%をデータクレンジングに費やす」という説に従えば、1日8時間労働換算で6.4時間がこのような作業で失われることになる。

 また、現在のデータ量の9〜10倍といわれる“顕在化されていない”データが利用可能となれば、データサイエンティストは今より7、8人多く必要となる。そこで、ビッグデータ分析を行うデータサイエンティストの工数を劇的に削減する方法として、ビッグデータ分析に最適な環境を全てそろえたクラウドサービスを紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ネットワールド


掲載企業 株式会社ネットワールド

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

VADP&CBTに起因、大規模環境のバックアップエラーをどう防ぐ?

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

中堅・中小企業の窮状を打破するHCIの「潜在力」とは?

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、中堅・中小企業における業務上の課題や人材不足をどのように解決できるのだろうか?

モバイル活用に不可欠なMDMの進化系「EMM」導入の教科書

ユーザーのモバイルデバイスを一元的に管理し、インフラへの快適かつセキュアな接続を可能にするEMM。本書では、導入を目指す企業に向けて、仕組みだけでなく導入プロセ…

オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えた選択肢は

フラッシュとHDDを併用する「ハイブリッド型」が注目されたのは過去の話。今やフラッシュ性能を最大に生かすオールフラッシュ時代へと突入した。製品選択の勘所を解説す…

産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは?

従来の3DCGの2倍以上の処理能力が必要となるAR/VRコンテンツを制作するには、高度な処理能力を備えた最新ワークステーションの導入が不可欠。作業効率の向上と制…

ソフトウェア定義型データセンター VMware環境データ保護を最新鋭化する方法

仮想化技術の浸透により、ソフトウェアベースでデータセンターが構築されるケースが急増している。一方で大規模かつ複雑化したワークロードが仮想化集約されることで、従来…

フラッシュストレージ徹底比較、Dell EMCとHPEでどちらを選ぶ?

データセンターのサイロ化を解消するには、1つのソリューションで複数のワークロードを実行できる環境が不可欠。その実現には、パフォーマンスを損なうことなく、複数のジ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029054


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ