IoT活用術:ビッグデータ分析の工数を劇的に減らすポイントは?

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > ビッグデータ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/09/09


ネットワールド

IoT活用術:ビッグデータ分析の工数を劇的に減らすポイントは?
IoTを活用する企業が増え続ける中、データサイエンティストの不足が懸念されている。最大の問題は1つの分析作業に非常に多くの時間がかかることだ。そこで、分析方法を変え、工数を圧倒的に削減できるサービスを紹介する。

 IoTの活用は、収集したビッグデータを分析した結果を元に新しいサービスを始めたり、業務の最適化をしたりすることにある。つまり、データを整理し分析をしない限り、なんの価値も生まれないということになる。

 しかも、IoTなどで使うセンサーデータや、Twitterなどのインターネットデータを利用する場合、目的の分析をするためにデータ形式の加工作業に多くの時間を要する。データサイエンティストが「業務の80%をデータクレンジングに費やす」という説に従えば、1日8時間労働換算で6.4時間がこのような作業で失われることになる。

 また、現在のデータ量の9〜10倍といわれる“顕在化されていない”データが利用可能となれば、データサイエンティストは今より7、8人多く必要となる。そこで、ビッグデータ分析を行うデータサイエンティストの工数を劇的に削減する方法として、ビッグデータ分析に最適な環境を全てそろえたクラウドサービスを紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ネットワールド


掲載企業 株式会社ネットワールド

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育IT」徹底討論:学校を狙うサイバー攻撃の現状と最新の対策

2016年のある調査によると、教育、学習支援業のインシデント発生が全業種の中でトップだったという。攻撃の対象となった教育業界のICT化の現状とセキュリティについ…

セキュリティ分析の実践テクニック:ネットワーク運用との連携が導く次の一手

セキュリティ機器の運用では高度な専門知識が重視されるが、ネットワーク運用との連携も忘れてはならない。ネットワーク運用情報と組み合わせることで、インシデントの影響…

仮想化基盤統合、性能とコストを犠牲にしない選び方

HCIなどの登場で効率化が進む業務システムの運用。しかし、いまだに統合できない環境が残るのが多くの企業が抱える現実だ。だが、これを解消する技術が登場したという。

「HCI」に抱かれがちな3つの“懸念”は、今でも“懸念”のままなのか?

新製品には不安が付きものだ。今やITインフラ構築の有力手段となった「HCI」も例外ではない。HCI普及に取り組むSIerが、HCIに当初抱いていた「懸念」と「真…

進化するサイバー攻撃からバックアップデータをどう守る?

ビジネスの停滞を防ぐためにはバックアップとセキュリティ対策の統合的な運用が必要になってくる。本稿では「サイバーリカバリー」という新たな考え方を紹介する。

2018年第1四半期セキュリティ概況:サイバー犯罪者の“仮想通貨狙い”が明確に

2017年に猛威を振るったランサムウェアは急速に減少し、2018年のサイバー攻撃のトレンドは一気に様変わりした。仮想通貨を直接・間接に狙う攻撃、フィッシング詐欺…

VDIに“安定の速さ”を実現、テレワーク先駆企業の新ストレージ

働き方改革が話題に上ることが増えてきた。さまざまな仕組みが話題になっているが、本当に必要なものはいざというときのための「余裕」ではないだろうか。

1人150円/月で定番グループウェアと同等の基本機能が使える理由

定番の無料グループウェアが相次いで有料化したことで、製品選びは一気に難しくなった。乗り換え先選びではコストと機能のどちらを重視すべきか? 多くの担当者が頭を悩ま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029054


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ