インフラ統合に必要な「自動化と集中管理」の手法

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > 統合運用管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/24
更新日:2016/10/21


日本アイ・ビー・エム

仮想データセンターによるインフラ統合 自動化と集中管理の手法
インフラを統合して仮想環境へ移行することは、今や一般的な手法となっている。また、これらの環境をクラウド化し、より運用効率を高めることも多くの企業で進められ、効率性をさらに高める自動化および集中管理の手法が注目されている。

 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。リソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、ビジネスとITの関係を一層密接なものにしている。

 こうした環境をさらに進化させるものとして注目されているのが、クラウドの「自動化と集中管理」のテクノロジーだ。クラウド上に構築した業務システムの規模が拡大してきた場合、自動的に適正なリソースを提供する。あるいは、個別のインフラ上で稼働しているクラウド環境を集中管理し、業務パフォーマンスをさらに向上させる。

 この「自動化と集中管理」は、ソフトウェアによって行うのが一般的となっている。仮想化ベンダーのVMwareでは「Software-Defined Data Center」 (SDDC) という概念を構築しており、ITインフラの関連ベンダーがこれに適したソリューションを提供する動きが活発化している。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029048


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ