品質向上による“手戻りの少ない開発”をする方法

IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > BPM > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/01
更新日:2016/08/22


アシスト

「超高速開発」のここがすごい! プロセスも効率化するコツとは
ユーザー部門からのシステム変更要求に備え、ノンコーディングツールにて迅速な改善を目指すケースが増えている。しかし現実には開発生産性の向上が進まないことも多い。そこで品質向上による“手戻りの少ない開発”をする方法を紹介する。

 ノンコーディングツールは、サブシステムの開発生産性の向上に貢献するツールだ。IT部門とユーザー部門がこのツールを介して的確な意志疎通を図ることで、開発工数が削減され、ビジネススピードも向上する。

 しかし、現実には生産性がなかなか上がらないこともある。ユーザーからは「ツールに記述されたビジネスプロセスを直観的に使いこなすことが難しい」といった声が上がっても、ノンコーディングツールだけで対応することは困難だ。そこでBRMS(Business Rule Management System)を併用するアプローチが注目されている。

 この手法は「規定額以上の取引では取締役の承認が必要」といったビジネスルールについてはBRMS側で引き受け、基本的な手続きが中心となるプロセスのみをノンコーディングツールに適用していく。本コンテンツでは、BRMSを活用して、期間短縮と工数削減を実現し、品質向上による“手戻りの少ない開発”をするためのポイントを解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社アシスト


掲載企業 株式会社アシスト



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029032


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ