紛失できない社内の重要書類を確実に――社内便の追跡システム

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/07/29


ヤマトシステム開発

紛失できない社内の重要書類を確実に――社内便の追跡システム
重要書類のやりとりを社内便で行う一番のリスクは、紛失、誤配、遅配などが発生した際の確認手段がないことだ。そこで、実際の宅急便のような配送管理機能を社内便に組み込むASPサービスが注目されている。

 重要書類のやりとりに社内便を利用している場合、一番怖いのが紛失、誤配、遅配などのトラブルだ。社内便では、その書類が現在誰の手元にあり、どのような扱いになっているのかを確認できないため、書類が届かなかったときの捜索もままならない。

 この状態で個人情報などが記載された重要書類などをやりとりすることにはリスクが伴うため、近年は社内便にも宅急便並みの配送管理を導入する企業が現れ始めている。それを可能とするのが、社内便のステータス管理を行う重要社内便追跡サービスだ。

 これは実際の宅急便で使われる荷物追跡のノウハウを生かしたサービスで、電子メールによる授受確認、日付や管理番号による配送状況の確認、社内便業務情報の共有化などの配送管理機能をSaaSで提供する。本コンテンツは、このサービスの仕組みと利用方法が短時間で分かるシンプルな資料だ。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ヤマトシステム開発株式会社


掲載企業 ヤマトシステム開発株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する

デジタルマーケティングの世界では、顧客理解を深める手法やツールも登場し、次世代マーケティング施策の核として存在感を増している。日本企業のデジタルマーケティングの…

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

普及し始めたWindowsモバイル。管理面でも利用面でも充実したその機能とは?

モバイルデバイスにも普及し始めたWindows 10。業務での活用を進める上で懸念されるのがデバイス管理だ。そこで「モバイルデバイスとしてのWindows」のガ…

社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術

社内ITインフラのクラウド化を進めたものの、思うように運用効率やサービス提供が改善されないケースが少なからず見られる。このような課題を抱える企業は、クラウドサー…

スマホ情報共有だと“伝わらない”のはなぜ? 3事例に学ぶ課題解決のコツ

スマートフォンを使った情報共有を進めたものの、情報量ばかりが増え、「知っておいて欲しいことが伝わらない」という状況に陥っている企業は多い。そこで注目したいのが“…

Excelで分析…企業が今取り組むべき集計レポーティングの自動化

データ集計やレポーティングに広く利用されているExcelだが「データ量が増えると時間がかかる」などの問題も。そこでExcel分析の限界を突破した事例を紹介。集計…

IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場

製造業の現場では、今、安全管理の在り方が根本から変わろうとしている。労働災害事故の原因として多い「転倒・転落事故」の把握と対応に活用されるIoT技術を例に、その…

“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?

マーケティング活動においてカスタマーエクスペリエンス最大化の大きな壁となるのが“顔の見えない顧客”の存在だ。 捉えることができなかった顧客に対し、パーソナライズ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028998


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ