業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/29
更新日:2016/09/28


インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法


 セキュリティ強化のためにインターネット分離をしたい。しかし、データのやりとりが困難になり業務効率を下げることは避けたい。相反するニーズを同時に満たす策とは。


 度重なる警告にもかかわらず、標的型攻撃に起因する情報漏えい事件は後を絶たない。攻撃手法の巧妙化も相まって、セキュリティ対策には根本的な方針転換が求められている。つまり脅威を水際で食い止めるだけでなく、「侵入はあり得る」という前提に立って、企業や組織のデータを守る対策を講じる必要があるのだ。

 こうしたマルウェアの侵入前提の多層防御策の一環として提示されているのが、インターネットに接続可能な環境と、重要な情報を扱う業務システムとを分ける「インターネット分離」だ。仮にクライアントPCがマルウェアに感染しても、ネットワークが分かれているために、簡単には業務システムへ侵入させない。既に金融機関や製造業など、外部に流出してはならない個人情報や知的財産を多く保有する企業で採用されている。IPA(情報処理推進機構)もセキュリティ強化策の1つとして、あらためてインターネット分離を推奨している。

 だがここで課題が生じる。それはインターネット分離を採用し、インターネットに接続可能な環境と業務用システムとの間でデータのやりとりができない環境にしてしまうと、今度は円滑に業務を進められなくなってしまうという点だ。分離された環境間をUSBメモリ経由でデータを持ち運ぶ方法が考えられるが、紛失や盗難などのリスクから、情報セキュリティポリシーとしてUSBメモリなどの外部記憶媒体の利用を禁止しているケースも多い。

 セキュリティ強化のためにインターネット分離は実現したい。だが完全に分離したままでは業務が止まってしまう。この相反する課題を同時に解決する方法はないだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離/インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法」 (全文)では、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ファイル転送」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル転送」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル転送」関連の製品

システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】 大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 簡単ファイル転送/システム連携「HULFT-WebFileTransfer」 【セゾン情報システムズ】
ファイル転送 ファイル転送 ファイル転送
多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。 インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
自社環境にプライベートクラウド型のデータ連携基盤を構築し、セキュアかつ手軽なデータ連携を実現する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立製作所


掲載企業 株式会社日立製作所

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


気になるAWSとの比較レポート――クラウドサービス ベンチマークテスト

さまざまなパブリッククラウドが提供されているが、スペックやコストパフォーマンスなどの違いは把握しづらい。しかしプランや使い方によって大きな差が生じることも多く、…

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

普及し始めたWindowsモバイル。管理面でも利用面でも充実したその機能とは?

モバイルデバイスにも普及し始めたWindows 10。業務での活用を進める上で懸念されるのがデバイス管理だ。そこで「モバイルデバイスとしてのWindows」のガ…

これで失敗しない! モバイルバッテリーの賢い選び方

いつでもどこでもスマートフォンを充電できる「モバイルバッテリー」。種類が豊富なモバイルバッテリーをどう選べばよいのか。その選定のポイントをまとめた。

フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略

男性客を中心に人気のカジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「Hooters(フーターズ)」。集客の武器は女性店員の健康的なお色気……だけではなかった。

社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術

社内ITインフラのクラウド化を進めたものの、思うように運用効率やサービス提供が改善されないケースが少なからず見られる。このような課題を抱える企業は、クラウドサー…

スマホ情報共有だと“伝わらない”のはなぜ? 3事例に学ぶ課題解決のコツ

スマートフォンを使った情報共有を進めたものの、情報量ばかりが増え、「知っておいて欲しいことが伝わらない」という状況に陥っている企業は多い。そこで注目したいのが“…

Excelで分析…企業が今取り組むべき集計レポーティングの自動化

データ集計やレポーティングに広く利用されているExcelだが「データ量が増えると時間がかかる」などの問題も。そこでExcel分析の限界を突破した事例を紹介。集計…

現場の情報共有が円滑化、「LINE」を安全・簡単に業務利用する方法

メールやグループウェアに代わるコミュニケーションツールとして注目されるSNSアプリ。しかし、個人用ツールの業務利用には重大な情報漏えいリスクが伴う。そこで、ユー…

豊島区が実現した「情報共有における脱メール」 UCが変えたワークスタイルとは

日本一人口密度が高い街である豊島区が2015年5月に新庁舎を開庁した。それに合わせて、コミュニケーション基盤を一新し、組舎内コミュニケーションの方法を変えてきた…

「ワークスタイル変革」調査:現場の声が教える成功のヒント

業務効率の向上やコスト削減などを目指して多くの企業が実践している「ワークスタイル変革」。その取り組みを成功させるには、どんなアプローチを取る必要があるのか。キー…

「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?

オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LAN アクセスポイントの選び方を紹介する本記…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028986


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ