業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/29
更新日:2016/09/28


インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法


 セキュリティ強化のためにインターネット分離をしたい。しかし、データのやりとりが困難になり業務効率を下げることは避けたい。相反するニーズを同時に満たす策とは。


 度重なる警告にもかかわらず、標的型攻撃に起因する情報漏えい事件は後を絶たない。攻撃手法の巧妙化も相まって、セキュリティ対策には根本的な方針転換が求められている。つまり脅威を水際で食い止めるだけでなく、「侵入はあり得る」という前提に立って、企業や組織のデータを守る対策を講じる必要があるのだ。

 こうしたマルウェアの侵入前提の多層防御策の一環として提示されているのが、インターネットに接続可能な環境と、重要な情報を扱う業務システムとを分ける「インターネット分離」だ。仮にクライアントPCがマルウェアに感染しても、ネットワークが分かれているために、簡単には業務システムへ侵入させない。既に金融機関や製造業など、外部に流出してはならない個人情報や知的財産を多く保有する企業で採用されている。IPA(情報処理推進機構)もセキュリティ強化策の1つとして、あらためてインターネット分離を推奨している。

 だがここで課題が生じる。それはインターネット分離を採用し、インターネットに接続可能な環境と業務用システムとの間でデータのやりとりができない環境にしてしまうと、今度は円滑に業務を進められなくなってしまうという点だ。分離された環境間をUSBメモリ経由でデータを持ち運ぶ方法が考えられるが、紛失や盗難などのリスクから、情報セキュリティポリシーとしてUSBメモリなどの外部記憶媒体の利用を禁止しているケースも多い。

 セキュリティ強化のためにインターネット分離は実現したい。だが完全に分離したままでは業務が止まってしまう。この相反する課題を同時に解決する方法はないだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離/インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法」 (全文)では、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ファイル転送」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル転送」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル転送」関連の製品

ファイル送受信サービス「Confidential Posting」 【富士通エフ・アイ・ピー】 大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 ファイル転送システム HakoBeruKun-G 【ギガ】
ファイル転送 ファイル転送 ファイル転送
「機密データ」や「大容量」のデータを「安心・安全」かつ「簡単」に送受信できるファイル送受信サービス。導入企業の50%以上が金融業界という高セキュリティ機能を搭載。 インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
Webブラウザで「簡単・安全」にファイルを送受信できる、大規模ユーザー向けファイル転送システム。クライアントライセンスフリー。クラウドで提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立製作所


掲載企業 株式会社日立製作所

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント

システム移行において新たにサーバ環境を構築する際、注意すべき点はセキュリティだ。ではセキュリティ機能の実装に当たっては、どのような点を考慮すべきだろうか。移行の…

グローバル共通の情報共有基盤で実現、資生堂の働き方・コミュニケーション改革

社内外での情報共有基盤として多くの企業が導入しているクラウド型コンテンツ管理ツール。社員1万人に導入し、働き方改革を実現した資生堂の事例から、組織や地域を超えた…

オールフラッシュストレージ選定、費用対効果を最大化する方法は

フラッシュとHDDを併用する「ハイブリッド型」が注目されたのは過去の話。今やフラッシュ性能を最大に生かすオールフラッシュ時代へと突入した。製品選択の勘所を解説す…

産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは?

従来の3DCGの2倍以上の処理能力が必要となるAR/VRコンテンツを制作するには、高度な処理能力を備えた最新ワークステーションの導入が不可欠。作業効率の向上と制…

HCIからSDDCへ――次世代インフラへの移行計画の考え方

新たなITインフラの構築手段として採用が進む「HCI」。ただしHCIを“ゴール”だと捉えるのは早計だという。その理由とは何か。HCIの先には、何があるのか。

Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド

Oracle Database運用管理者向けに、SQL Serverの構成および運用管理の基礎(セットアップ、稼働状況確認、バックアップ、メンテナンスと自動化、…

現場の教師や識者が語る、教育業界のICT化&セキュリティのいま

2016年のある調査によると、教育、学習支援業のインシデント発生が全業種の中でトップだったという。攻撃の対象となった教育業界のICT化の現状とセキュリティについ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028986


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ