業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/29
更新日:2016/09/28


インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法


 セキュリティ強化のためにインターネット分離をしたい。しかし、データのやりとりが困難になり業務効率を下げることは避けたい。相反するニーズを同時に満たす策とは。


 度重なる警告にもかかわらず、標的型攻撃に起因する情報漏えい事件は後を絶たない。攻撃手法の巧妙化も相まって、セキュリティ対策には根本的な方針転換が求められている。つまり脅威を水際で食い止めるだけでなく、「侵入はあり得る」という前提に立って、企業や組織のデータを守る対策を講じる必要があるのだ。

 こうしたマルウェアの侵入前提の多層防御策の一環として提示されているのが、インターネットに接続可能な環境と、重要な情報を扱う業務システムとを分ける「インターネット分離」だ。仮にクライアントPCがマルウェアに感染しても、ネットワークが分かれているために、簡単には業務システムへ侵入させない。既に金融機関や製造業など、外部に流出してはならない個人情報や知的財産を多く保有する企業で採用されている。IPA(情報処理推進機構)もセキュリティ強化策の1つとして、あらためてインターネット分離を推奨している。

 だがここで課題が生じる。それはインターネット分離を採用し、インターネットに接続可能な環境と業務用システムとの間でデータのやりとりができない環境にしてしまうと、今度は円滑に業務を進められなくなってしまうという点だ。分離された環境間をUSBメモリ経由でデータを持ち運ぶ方法が考えられるが、紛失や盗難などのリスクから、情報セキュリティポリシーとしてUSBメモリなどの外部記憶媒体の利用を禁止しているケースも多い。

 セキュリティ強化のためにインターネット分離は実現したい。だが完全に分離したままでは業務が止まってしまう。この相反する課題を同時に解決する方法はないだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離/インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法」 (全文)では、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ファイル転送」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル転送」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル転送」関連の製品

簡単ファイル転送/システム連携「HULFT-WebFileTransfer」 【セゾン情報システムズ】 HULFT-WebConnect 【セゾン情報システムズ】 大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】
ファイル転送 ファイル転送 ファイル転送
自社環境にプライベートクラウド型のデータ連携基盤を構築し、セキュアかつ手軽なデータ連携を実現する。 HULFTによるファイル転送を、インターネット経由で簡単かつセキュアに実現したSaaS型のサービス。 インターネット回線を利用し、GB単位の大容量データを高速転送できるサービス。アジア等通信インフラの未整備な海外とのやり取りに有効。パッケージやSDKでの形態も用意。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立製作所


掲載企業 株式会社日立製作所

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


大規模ネットワークセキュリティを高度に保護 サービスゲートウェイのススメ

クラウドやホスティングのデータセンター、大企業のデータセンターなどのネットワークでは、支店や中・大規模拠点とは異なるキャリアグレードのセキュリティが求められる。…

担当者が一皮むけるVMware環境の新定番ツール“超使いこなし”

VMware環境に課題を抱えているユーザーは多い。リソースの効率化やコスト削減などその課題はさまざまだ。仮想環境を“ 健康”に保つためのツール「vRealize…

”太り続ける”仮想環境、そのままにしておくと危険! 健康診断で最適化

知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。

注目を集める「マシンデータ分析」の導入を迅速に実現するには

サービス品質やセキュリティの分析からビジネスプロセスの改善まで、幅広く活用できるマシンデータ。ビッグデータ分析技術の進歩で注目を集めるようになってきた。その取り…

従来のBIではムリ!いかにして全社員が分析できるようにするか?

クレーンの「TAIYO」で全国的な知名度がある大洋製器工業。業務に不可欠なデータ分析のため様々なBIツールを活用。しかし操作が難しいため利用ユーザを広げにくいと…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028986


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ