業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/29
更新日:2016/09/28


インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法


 セキュリティ強化のためにインターネット分離をしたい。しかし、データのやりとりが困難になり業務効率を下げることは避けたい。相反するニーズを同時に満たす策とは。


 度重なる警告にもかかわらず、標的型攻撃に起因する情報漏えい事件は後を絶たない。攻撃手法の巧妙化も相まって、セキュリティ対策には根本的な方針転換が求められている。つまり脅威を水際で食い止めるだけでなく、「侵入はあり得る」という前提に立って、企業や組織のデータを守る対策を講じる必要があるのだ。

 こうしたマルウェアの侵入前提の多層防御策の一環として提示されているのが、インターネットに接続可能な環境と、重要な情報を扱う業務システムとを分ける「インターネット分離」だ。仮にクライアントPCがマルウェアに感染しても、ネットワークが分かれているために、簡単には業務システムへ侵入させない。既に金融機関や製造業など、外部に流出してはならない個人情報や知的財産を多く保有する企業で採用されている。IPA(情報処理推進機構)もセキュリティ強化策の1つとして、あらためてインターネット分離を推奨している。

 だがここで課題が生じる。それはインターネット分離を採用し、インターネットに接続可能な環境と業務用システムとの間でデータのやりとりができない環境にしてしまうと、今度は円滑に業務を進められなくなってしまうという点だ。分離された環境間をUSBメモリ経由でデータを持ち運ぶ方法が考えられるが、紛失や盗難などのリスクから、情報セキュリティポリシーとしてUSBメモリなどの外部記憶媒体の利用を禁止しているケースも多い。

 セキュリティ強化のためにインターネット分離は実現したい。だが完全に分離したままでは業務が止まってしまう。この相反する課題を同時に解決する方法はないだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離/インターネット分離しても完全分離では業務が進まない矛盾の解法」 (全文)では、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「業務が分断されない「JP1/Data Highway」のインターネット分離」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ファイル転送」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル転送」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル転送」関連の製品

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 ファイル送受信サービス「Confidential Posting」 【富士通エフ・アイ・ピー】 ファイル転送システム HakoBeruKun-G 【ギガ】
ファイル転送 ファイル転送 ファイル転送
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
「機密データ」や「大容量」のデータを「安心・安全」かつ「簡単」に送受信できるファイル送受信サービス。導入企業の50%以上が金融業界という高セキュリティ機能を搭載。 Webブラウザで「簡単・安全」にファイルを送受信できる、大規模ユーザー向けファイル転送システム。クライアントライセンスフリー。クラウドで提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立製作所


掲載企業 株式会社日立製作所

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する?

ランサムウェア「WannaCry」では、国家が開発した攻撃ツールが悪用されたとみられている。高度化、複雑化する脅威の拡大を防ぐために、企業が取り得る対策とは。

せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理…

本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方

クラウドアプリケーションを導入するなら、必ずセキュリティの担保を考慮しなければならない。アクセス管理、パフォーマンス、データ保護、許可・未許可アプリの把握など、…

実録! 肥大化ファイルサーバのお引越。某社がスリム化できた理由

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

セキュリティ担当者がWebプロキシソリューションの導入を検討するとき、誤解があったり逆効果になっていたりする場合がある。そこでWebプロキシの仕組みや、次世代フ…

ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説

複雑化しがちなデータセンターをシンプル化し、運用・保守を楽にしたいというのは多くの管理者に共通する願いだろう。本資料では、ラックマウントサーバに、ハイパーコンバ…

動画で解説:マッピング+さまざまな条件を視覚化&分析し、立地選定に活用!

地理空間分析は、新店舗の出店先や公共交通機関の利用調査など、ビジネスのあらゆる場面で活用されている。しかし、ただ視覚化するだけでは、データの隠れた関係性を明らか…

「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ

文書による承認の電子化は、契約業務などの効率化やコスト削減、顧客満足度の向上につながる。しかし、「電子サイン」と「電子署名」の違いを理解して、それぞれの特性を知…

大量のトラフィックでサービス継続が困難に…脅威からどう守る?

Webの仕組みに依存した企業の公式サイトやスマートフォンアプリは今や、ビジネスの生命線だ。脆弱性を突く不正アクセスやDDoS攻撃などの脅威から、Webをどう保護…

「ひとまず保存」がリスクを生む 散在するデータをどう活用するか?

企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。

Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み

名刺をデジタル化し、顧客管理などに利用している企業や個人は多いだろう。しかし、営業活動やマーケティングなどで、より大きな効果を生み出すためには、名刺データをクラ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028986


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ