IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/01
更新日:2016/09/29


セゾン情報システムズ

失敗できない受発注データの連携にも効果――CKD 導入事例
海外や遠隔地など拠点ごとにシステムが異なることは珍しくない。これに加えて回線品質の違いもあり、拠点間のデータ連携がうまくいかず、再入力のコストや入力ミスが発生するのは悩みの種だ。この課題を上手く解決した事例があるという。

グローバル企業や拠点の多い企業にとって課題の1つとなっているのが、拠点間のデータ連携がうまくいかないことだ。データをわざわざ手入力し直したり、情報共有ミスでトラブルやコスト増加を招いたりと、データ連携が事業活動に与える影響は大きい。

まさにこの問題を抱えていたのが、自動機械装置の製造で国内トップレベルのシェアを誇るCKDだ。グローバルビジネスを推進する同社は、海外での受発注データの連携がうまくシステム化できておらず、余分な工数発生や入力ミスによる誤出荷・納品遅延といった問題が発生していた。

そこで同社はデータ連携システムの見直しに着手。しかし同社の場合、国によるITインフラの整備状況や人員レベルにばらつきがあり、回線品質が低い拠点からでも、かつIT担当者がいない拠点からでも安定的にデータ連携できることが必須であった。

同社はどのようにしてこの課題をクリアしたのか?

≫詳しくは資料にて!





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社セゾン情報システムズ


掲載企業 株式会社セゾン情報システムズ



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028952


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル転送 > ファイル転送の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ