IT部門は「マーケティング」とどう付き合っていくべきか

IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > SFA > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/06/24
更新日:2016/08/08


KDDI

苦手意識克服! IT部門がデジタルマーケティングへ踏み出すコツ
インターネットとモバイル端末の普及で顧客との接点がかつてないほど拡大する中、デジタルマーケティングへの取り組みはあらゆる企業にとって急務となりつつある。成功のため、IT部門はマーケティング部門といかに連携していくべきか。

 近年、デジタルマーケティングへの取り組みは、Webでビジネスを営む企業のみならず、あらゆる企業のマーケターにとって主要な関心事になりつつある。Amazon,comからUberまで、続々と台頭するデジタル新興企業に対抗するためにも、マーケティング部門と顧客窓口、そしてIT部門が密に連携し、デジタル戦略に取り組まなければならない。

 本稿では、組織を横断してのマーケティング施策連携という理想だけでなく、横断型の動きに対する各部門での拒否反応、IT部門がマーケティングへの関与することの難しさなど、デジタルマーケティングにおける部門横断プロジェクトの在り方について考察する。



※拡大版はPDFでご確認下さい。

こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 KDDI株式会社


掲載企業 KDDI株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028837


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ