白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の業務改善効果

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップサービス > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/06/28
更新日:2016/06/30


arcserve Japan

白鶴酒造が取り組んだバックアップシステム刷新の業務改善効果
直接的な利益につながらないシステムの操作性は軽視されがちだが、その部分を改善することで業務改善につながる場合もある。白鶴酒造では、バックアップシステムの刷新で情報システム室のサービス向上に成功した。

 直接的には価値を生み出さないITシステムの使い勝手の向上は、対策の優先順位が上がらないことも多いという。しかし、それが業務改善につながることもある。日本酒メーカーの白鶴酒造では、全国に点在する約60台のサーバのバックアップシステムを刷新することで、このことに気付いた。

 同社がバックアップシステムの移行を図ったのは、「Windows Server 2003」のサポート終了に伴うサーバのリプレース時であった。以前メインで使用していたバックアップソフトが「Windows Server 2012」に対応していないという事態に対応するためであった。

 後回しにされていたバックアップソフトの見直しをはじめとした運用管理業務の刷新により、各支店のサーバ管理業務が改善されるようになったのだ。その結果、情報システム室のサービスの質の向上が実感できたという。この他にも改善効果があったという同社の導入事例について、さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028820


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ