それでも欲しい高度なストレージシステム、中小企業が狙うなら?

IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > ストレージ仮想化 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/06/30
更新日:2016/07/15


ネットワールド

初めてのオールフラッシュストレージ どんな選択肢があるの?
ストレージ価格の低下により中小企業でも暗号化や自動階層化などの機能を備えたフラッシュストレージを導入できるようになった。更に仮想アプライアンス版ストレージと連携することで、より多くのコスト削減効果も期待できる。

 この数年でオールフラッシュストレージやハイブリッドストレージの価格は大きく下がり、エントリー価格帯にも高いスペックを備えた製品が登場している。これにより中小企業でも高度なストレージシステムを導入できるようになった。

 近年のエントリークラス製品に見られる傾向としては、高機能化と多機能化が進んだことが挙げられる。例えば、SANとNASの両方が使え、暗号化機能や自動階層化機能などのライセンスを標準搭載した統合型製品により、運用コストの削減効果はより大きなものとなっている。

 さらに注目したいのは、同一ベンダーから無償もしくはサブスクリプション課金で提供される仮想アプライアンス版ストレージだ。本社の物理版、支店の仮想版の間でレプリケーションを行えばBCP/DR対策も低コストで実現可能だ。このようなエントリークラス製品にはどのような選択肢があり、仮想版の導入はどれだけ簡単にできるのか、さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ネットワールド


掲載企業 株式会社ネットワールド

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028805


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ