オープンソースBI「Pentaho」


KSKアナリティクス

Keyノート

  • 基本情報
  • オープンソースBI「Pentaho」の特長
  • オープンソースBI「Pentaho」のスペック
  • オープンソースBI「Pentaho」の資料ダウンロード
  • オープンソースBI「Pentaho」の問い合わせ・相談

オープンソースBI「Pentaho」

掲載日:2016/06/11
更新日:2016/07/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
高性能なBI/BAツールを低コストで導入したい企業。
ビッグデータ分析やIoTデータの活用を行いたい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。
価格情報 Pentahoコミュニティ版:無料
Pentahoエンタープライズ版:年間契約価格
※お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


BI/BA

ビッグデータ、IoT…データ分析・活用をコストを抑えて実現


Pentahoは、全世界で2000社以上の商用ユーザを持つエンタープライズ向けオープンソースBI/BAスイート。
HadoopやNoSQLなど充実したビッグデータ・エコシステムとエンタープライズ機能により、企業の経営判断をサポートするとともに、ビッグデータ分析IoT(モノのインターネット)対応を強力に支援。
エンタープライズクラスの企業での利用はもちろん、現場レベルでの簡易分析に利用する小規模導入にも対応できる。

◆BI/BAに必要な各種モジュールを提供
データ統合(ETL)、レポート、ダッシュボード、アナリシスといった、ビッグデータ分析や、BI/BAに必要な機能をトータルで備えたプラットフォーム。直感的なUIで経営判断を行うために必要な情報を提供する。
データ統合
主要なDB、Excelやテキストなど異なる形式のデータを、カスタムコードを生成することなく、ドラッグアンドドロップとグラフィカル環境のみでデータ変換、ジョブ作成することが可能
レポーティング
直感的な操作でデザインし、HTML/Excel/PDFなど様々な形式でレポートを生成/出力
ダッシュボード
テンプレートとドラッグアンドドロップを使用してダッシュボードを容易に構築。経営/業務状況を素早く理解することができるインターフェースを提供
アナリシス
豊富な分析機能を提供。ドリルダウンやクロス集計によりビジネス情報を自由に検索し、意思決定に必要な重要な情報を得ることが可能
データマイニング
膨大なデータから法則性を分析する高度なデータマイニングをグラフィカルなインターフェースで操作可能

◆TCOを抑えて利用することができる
サブスクリプションモデルの採用により費用を抑えた導入・運用が可能。
また、ユーザ数無制限なので社内・社外を問わず何人でも使用することが可能。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Pentaho Business Analytics
メーカー Pentaho Corporation
クライアント側OS Apple Macintosh OS X 10.8&10.9,64 bit only
Microsoft Windows 7 & 8
Ubuntu Desktop 12.x & 14.x
iPad 2,3,& Air (iOS 6.x & 7.x)
クライアント側対応プロセッサ Dual-core AMD64 or EM64T
クライアント側必要メモリ容量 2GB以上
クライアント側必要ディスク容量 2GB以上
クライアント側その他動作環境 Sun Java Runtime Environment(JRE)1.7
Internet Explorer 7以降/Firefox 3.7以降/Safari 4以降

ブラウザ
Apple Safari 6.x & 7.x on OS X and iOS only
Google Chrome 36 - 37
Microsoft Internet Explorer 8 - 11
Mozilla Firefox 31 - 32
サーバ側OS Apple Macintosh OS X Server 10.8 & 10.9
CentOS Linux 5 & 6
Microsoft Windows 2008 Server R2,Server 2012
Red Hat Enterprise Linux 5 & 6
Solaris 10
Ubuntu Server 12.x & 14.x
サーバ側対応プロセッサ Dual-core AMD64 or EM64T
サーバ側必要メモリ容量 8GB以上
サーバ側必要ディスク容量 20GB以上
サーバ側その他動作環境 Sun Java Runtime Environment(JRE)1.7
Internet Explorer 7以降/Firefox 3.7以降/Safari 4以降

ブラウザ
Apple Safari 6.x & 7.x on OS X and iOS only
Google Chrome 36 - 37
Microsoft Internet Explorer 8 - 11
Mozilla Firefox 31 - 32
その他特記事項 Pentaho BI Suiteは、コンピュータ、ネットワークハードウェアに対して厳しい制限がありません。
最小限のソフトウェア条件を満たすかぎり、Pentahoはハードウェアを選びません。
※上記より低スペックでも動作可能ですが、現実的なシナリオにおいてパフォーマンスが好ましくないレベルとなる場合があります。
製品サイトURL:http://www.pentaho-partner.jp

この製品を比較表に追加

価格情報


Pentahoコミュニティ版:無料
Pentahoエンタープライズ版:年間契約価格
※お問い合わせ下さい。


補足説明
コミュニティ版は、オープンソースが公開されており、無償で使用することができます。
エンタープライズ版は、オープンソースに強力な管理機能を加えて、技術サポートサービスを付けて有償で提供するものです。価格はサーバのCPU数に基づく年間サブスクリプション金額となっております。これにより、(1)初期コストを抑え、特定ソフトウェアにロックインされない、(2)いつでも最新バージョンの提供を受けられる、などのメリットがあります。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Pentaho製品のご紹介(2.0MB)

Pentaho製品の概要、製品構成、導入実績・導入事例などを紹介した資料です。
■IoTをはじめよう! Pentaho解説(2.3MB)

IoTへのPentahoの取組みなどについて解説した資料です。
■Pentahoと他のBIベンダの違い(245KB)

Pentahoと他社製品との比較表を掲載した資料です。
■Pentaho Big Data Success(1.5MB)

Pentahoのデータウェアハウスソリューションについて紹介した資料です。
■Pentaho Data Integration 製品のご紹介(1.5MB)

Pentaho製品の概要、特長、導入実績などを紹介した資料です。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


株式会社KSKアナリティクス
部署名:セールス&マーケティング本部
住所:〒104-0045 東京都中央区築地2-7-10 築地シティプラザ6F
TEL:03-6228-4932
FAX:03-6228-4953
e-mail:infoksk@ksk-anl.com
URL:http://www.pentaho-partner.jp


掲載企業


株式会社KSKアナリティクス
部署名:ビジネステクノロジー本部
住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-1-3 本町橋西ビル2F
TEL:06-4705-7607
FAX:06-4705-7602
e-mail:infoksk@ksk-anl.com
URL:http://ksk-anl.com/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028765


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ