クラウド型 地図サービス FUJITSU Enterprise Application GIFOCUS

IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > SFA > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/07/29


富士通

意外と簡単だった!基幹データと連携した“営業支援地図”の構築
営業活動の効率化で必要なのは、“単なる地図”ではないはず。訪問・取引履歴、売上など豊富な営業情報と統合された“戦略的な地図情報”をスムーズに構築し、営業効率化から、より高度なエリア・マーケティングまで実現できた事例を紹介。

貴金属・レアメタルなどの再生・精錬を行うリサイクル企業「アサヒプリテック」。同社では、再利用可能な資源が含まれる、宝飾、電子触媒、銀塩フィルムなどを扱う事業所などへの営業活動において、以下のような課題を抱えていました。

もっと、市況変動に応じた適切なタイミングでの営業対応を行えないか?
訪問時のルート設定を効率化し、無駄を省けないか?
新規開業顧客・長期未訪問顧客への対応が不十分ではないか?

そこで、「地図の徹底活用」を図るべきだと考え、営業支援システム(SFA)やERPなど基幹システムに蓄えられたデータと連動し、顧客情報や訪問履歴、売上などの情報を地図上に可視化する取り組みを実施。

その結果、戦略的な訪問計画、最短での訪問ルート設定、訪問履歴を考慮した顧客訪問が実現され、大幅な営業活動の効率化・強化に成功。

今回の資料では、その取り組みの詳細を公開!是非、貴社でもお役立て下さい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 富士通株式会社


掲載企業 富士通株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


ハイパーコンバージド、導入するならネットワークを見直そう

ビジネス要件への迅速な対応に不可欠な、変幻自在なITインフラ構築でハイパーコンバージドインフラが救世主となるのはなぜか?また忘れてはならない“隠れキャラ”とは?

クラウドとオンプレミスの“いいとこ取り”、すぐに手が届く次世代型インフラ

拡張性の高いパブリッククラウドと、安全性の高いオンプレミス。その両方のメリットを享受できるハイブリッドサービスが登場した。その仕組みや導入効果をWebキャストで…

「クラウドありき」から発想を転換、TCOがクラウドの50%以下というIT基盤とは

写真プリントショップを全国展開するプラザクリエイトは、IT基盤の刷新にあたり、パブリッククラウドではなく、ハイパーコンバージドインフラを導入した。この選択により…

“仮想ファイアウォール(vFW)”定義と機能、説明できる?

インテルが世界の通信事業者やプロバイダー各社と連携して取り組む「ネットワークサービスベンチマーク(NSB)構想」。その中で重要な役割を担う「仮想ファイアウォール…

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査

製造業はIoTに前向きな企業が多い業種の1つだ。では実際にどのような状況で、今後はどのように展開されていくのか。また、競合の動向が気になる企業も多いだろう。業界…

データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか

近年、データセンターに対して、仮想化やバックアップ/レプリケーションなどの投資が積極的に行われている。それにもかかわらず、システムの可用性は年々下がっているとい…

「学内は安全ではない」認証系をデータセンターへ――災害対策もできたワケ

メールをキーに統合認証システムを運用していた桜美林学園では、システムの安定稼働やセキュリティ強化などを目的に、クラウド利用を決定。データ管理が専門のデータセンタ…

情報流出はなぜ起きる?シミュレーションで学ぶ、被害を抑えるインシデント対応

インシデントレスポンスは具体的にどのように進むのか。成否を分けるポイントはどこにあるのか。仮想事例によるシミュレーションを通じて、これらを明らかにする。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028516


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ