データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter


データ統合プラットフォーム
Informatica PowerCenter


インフォマティカ・ジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenterの特長
  • データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenterのスペック
  • データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenterの資料ダウンロード
  • データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenterの問い合わせ・相談

データ統合プラットフォーム<br>Informatica PowerCenter

掲載日:2016/04/25

資料請求・問い合わせ

企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
最適な情報を最適なタイミングで利用して迅速な意思決定を行いたい企業。開発期間を短縮してスムーズに運用を開始したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


データ統合

システムを問わない統合/管理で、データ活用を促進


Informatica PowerCenterは、5800社以上にソリューションを提供する、データ統合・管理の専業ベンダであるInformaticaが開発。第三者機関からも、データ統合、データ品質管理、マスタデータ管理分野におけるリーダー企業として評価を受ける同社のナレッジが集約された本製品は、企業の持つデータを有効活用できる環境を素早く構築・提供してくれる。

また、同社が提供する各種データソリューションを利用することで、データ統合/データクレンジング/マスタデータ管理に強い統合プラットフォームを実現。データ活用によるビジネス価値の創出、最大化に貢献する。

◆様々なシステムやデータを連携
レガシー環境やアプリケーション、DB、クラウドなど、様々なシステム環境への接続コネクタを提供。ノンコーディングで接続を確立し、バッチからリアルタイムまで要件に応じたデータ連携を実現する。

◆企業内のデータの所在や流れを可視化するメタデータ管理
企業内のどこにどんなデータが存在しどう移動しているか、データの所在と流れを可視化することができる。また、各システムを横断してデータの流れを可視化するデータリネージュ(来歴/影響分析)も可能で、包括的なデータ把握やガバナンスの強化を支援する。

Informatica PowerCenterの主な特長】
(1)一貫したデータ統合プロセスによりプロジェクトの遅延やコスト/リスクの増加を回避
(2)ノンコーディングでの運用が可能で、業務部門とIT部門の連携を促進
(3)データ規模や複雑性に対応して、柔軟に拡張できるプラットフォームを提供
(4)自動検証/モニタリング/アラート機能により、データ統合処理の失敗を未然に防止
(5)アプリケーションやアナリティクスのためのリアルタイムデータ更新を実現(オプション)


画面サンプル

+拡大 画面サンプル
このページの先頭へ

スペック

製品名 データ統合プラットフォーム
Informatica PowerCenter
メーカー インフォマティカ・ジャパン
クライアント側OS Windows (x86, x64 (Opteron, EM64T))
クライアント側対応プロセッサ 対応OSに併記
クライアント側必要メモリ容量 4GB以上
クライアント側必要ディスク容量 30GB以上
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Internet Explorer 10.0以上
Google Chrome 46.x以上
サーバ側OS AIX (Power)
Red Hat Linux (x64 (Opteron, EM64T)/IBM zSeries)
SUSE Linux (x64 (Opteron, EM64T)/IBM zSeries)
Solaris (Sparc)
Windows (x64 (Opteron, EM64T))
サーバ側対応プロセッサ 対応OSに併記
サーバ側必要メモリ容量 16GB以上
サーバ側必要ディスク容量 100GB以上
サーバ側その他動作環境 【対応クラウド/仮想環境】
Amazon Web Services
Microsoft Azure
VMware
KVM
その他特記事項 -
製品サイトURL:https://www.informatica.com/jp/products/data-integration/powercenter.html

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Informatica PowerCenter データシート(838KB)

5800社を超える企業にデータソリューションを提供するインフォマティカが提供する本製品のカタログ。詳しい特長の解説や提供エディションの情報はこちらから。
■ダークデータに光を。眠ったデータを経営資源に転換する統合基盤(3.6MB)

データ活用に向けた管理アプローチを解説した講演資料。埋もれたまま活用や分析、アクセスがされていない「ダークデータ」に関する課題とその解決策を紹介します。
■データ移行にかかる開発工数とコストを大幅削減 〜アルプス電気(740KB)

データ移行にかかる開発工数とコストを大幅削減したアルプス電気株式会社の事例。「基幹システム統一プロジェクト」に、本製品がどのように貢献しているかを紹介します。
■経営情報をリアルタイムに可視化 〜マクニカ(698KB)

グローバル経営情報の可視化をリアルタイムで実現した株式会社マクニカの導入事例。データ統合基盤「MGDH」の運用に、本製品がどのように貢献しているかを紹介します。
■マスタデータ統合を推進 〜コニカミノルタ(920KB)

グローバル規模でのマスタデータ統合を推進するコニカミノルタ株式会社の導入事例。経営の高度化に向けて、同社の戦略とソリューション選択の経緯を紹介します。
■Informatica Data Quality データシート(710KB)

本製品と連携することで、データ品質の問題を発見・解消し、データからの価値の獲得を最大化する関連製品の紹介資料。データ品質管理のプロセスを包括的にサポートします。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


インフォマティカ・ジャパン株式会社
住所:〒105-6226 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー26階
TEL:03-6403-7600 (代表)
FAX:03-3433-1021
e-mail:info-jp@informatica.com
URL:http://www.informatica.com/jp/


掲載企業


インフォマティカ・ジャパン株式会社
住所:〒105-6226 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー26階
TEL:03-6403-7600 (代表)
FAX:03-3433-1021
e-mail:info-jp@informatica.com
URL:http://www.informatica.com/jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028412


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ