標的型攻撃対策 割り込み型迎撃方式「DefensePlatform」

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/02/29
更新日:2016/03/10


ハミングヘッズ

ちょっと待った!標的型攻撃の防御はまだやり尽くされていない!
従来のセキュリティ対策では標的型攻撃を未然に防ぐのは難しく、検知や事後対策に比重を置くべきということが広く認知。だが検知や事後対策を適切に実現するには大きな投資と労力が必要。本当にエンドポイントでできることはもうないのか?

これまで常識的に行われてきたセキュリティ対策では標的型攻撃を未然に「防ぐ」のはもはや難しいという半ば諦めにも思えることが通説になりつつある。そこで「防御」よりも攻撃を受けたことをいち早く把握する「検知」やその後の「インシデントレスポンス」といった事後対策に比重をおくべきだということが広く認知されつつある。

しかし、本当に「防ぐ」対策はやり尽くされているのか?というのが、本資料。無理やり出口を絞ってしまいネットワークで包括的に対策するより、むしろ標的型攻撃が現実的なリスクとなっている現在では、確実にユーザが利用するエンドポイントにこそ有効な対策が必要とされていると、事故前提型の対策に警笛を鳴らす。

本書が推奨する割り込み型迎撃(インターセプト)方式と呼ばれる新しいエンドポイントセキュリティとは?事故前提の対策を考える前に、まだできるセキュリティ対策とは?

続きは資料にて!



※拡大版はPDFでご確認下さい。

こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ハミングヘッズ株式会社


掲載企業 ハミングヘッズ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに…社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

簡単だけで選ぶと危険! ノンプログラミングツール選定のポイントは?

続々登場するノンプログラミング開発ツールだが、どのツールも「簡単、短期間でシステム開発」と謳い「どれを選べばいいのか…」という人も多いのでは?そこで選び方を徹底…

増え続けるデバイスやIT資産をどう管理する? 仕組みで防ぐ未管理端末

「自社のIT資産台帳は本当に現状を把握できているのか――」 IT資産管理ツールやExcelによる管理を行っていても、IT資産台帳の“精度”を保つことは難しい。現…

ECサイトが1秒の表示遅延で失う売り上げは? EC基盤が顧客体験に与える影響度

2018年には世界全体で3兆ドル超の規模になると見込まれるEC市場では、「顧客体験」が勝敗を分けるポイントとなる。わずか1秒の遅延でも買い物をやめてしまう消費者…

仕事をするにはやっぱりWindows 10モバイルが便利。でも、管理はどうすれば……

モバイルデバイスにも普及し始めたWindows 10。業務での活用を進める上で懸念されるのがデバイス管理だ。そこで「モバイルデバイスとしてのWindows」のガ…

気になるAWSとの比較レポート――クラウドサービス ベンチマークテスト

さまざまなパブリッククラウドが提供されているが、スペックやコストパフォーマンスなどの違いは把握しづらい。しかしプランや使い方によって大きな差が生じることも多く、…

基幹系システム向け開発をクラウド化 実績で裏打ちされる信頼性が移行を進める

基幹系システムの開発環境にクラウドを活用することには、期待と同時に不安もある。だが信頼のおけるIBMクラウド基盤で「高速開発」を実現するサービスが登場する。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028227


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ