超高速データ分析専用データベース Vertica


超高速データ分析専用データベース
Vertica


アシスト

Keyノート

  • 基本情報
  • 超高速データ分析専用データベース Verticaの特長
  • 超高速データ分析専用データベース Verticaのスペック
  • 超高速データ分析専用データベース Verticaの資料ダウンロード
  • 超高速データ分析専用データベース Verticaの問い合わせ・相談

超高速データ分析専用データベース<br>Vertica

掲載日:2016/03/23
更新日:2016/11/15

資料請求・問い合わせ

企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
大量データの検索/分析処理で、検索レスポンスの遅さやDBチューニングの負荷、システム拡張が困難などの課題を抱えている企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 大量データを超高速に処理する列指向型データベース。システム拡張も柔軟かつ低コストで実現可能であり、圧倒的なパフォーマンスでビジネスの迅速な意思決定を支援。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


【高速処理】

企業の大量データ分析処理における課題を払拭


Verticaは、大量データの分析や検索を超高速に処理することができる列指向型データベース。汎用的なPCサーバを組み合わせてシステムを構築できるため、ユーザ数やデータ量の増加にあわせたシステム拡張も柔軟かつ低コストに実装することができる。

《Verticaの3つの大きな特長》

●高速

列指向型アーキテクチャ、最大90%の高いデータ圧縮、プロジェクションによる行の絞り込み、超並列処理の自動化、マスターノードを持たない真のMPP構成など、独自のアーキテクチャで大量データの高速な検索や分析が可能。
汎用的なデータベースと比較して、50〜1,000倍の高速化を実現した事例も多数ある。

●簡単
パフォーマンス・チューニングが自動で行われるため、データロードのみで高速処理を実現し、高度で複雑なデータベース設計やシステムの維持/管理にかかる負荷を大幅に削減。また、ANSI SQL-99準拠の標準SQLが利用でき、データベース管理もGUIベースで行えるなど、容易な開発/運用環境を提供。更に、3ノード構成以上では、自動レプリケーション機能による冗長化、ロードバランス機能などにより、サービス継続を容易にする高可用性構成も可能。その運用の容易さにより、専任のデータベース管理者を置かずに運用しているケースも多数ある。

●柔軟
汎用的なPCサーバ1台から構成が可能で、システム利用用途の拡大にあわせ、柔軟に構成サーバ数の増加が可能。また、データ量に対する容量課金のため、CPUコアの増加に対するライセンスの追加は不要(開発/検証/DR環境は無償で利用可能)。その他、様々な周辺ツール(ETL/BI)との接続、Hadoopとの容易な連携、クラウドでの利用など、様々な利用シーンでの柔軟な対応を実現する。小さく始めて大きく育てる、といった運用(スケールアウト)
をしている例も多数ある。

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。




このページの先頭へ

スペック

製品名 HPE Vertica
メーカー 日本ヒューレット・パッカード
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 【Vertica Management Console※対応ブラウザ】
・Internet Explorer 10以上
・Firefox 31以上
・Google Chrome 38以上
※Vertica専用DB管理ツール
サーバ側OS ・Red Hat Enterprise Linux
・SUSE Linux Enterprise Server
・Oracle Enterprise Linux
(Red Hat Compatible Kernelのみサポート)
・Debian Linux
・Cent OS
・Ubuntu
※対応バージョンは製品サイト参照
サーバ側対応プロセッサ 10TB未満の場合:1ソケット、8コア以上、2.6GHz以上(2ソケット推奨)
10TB以上の場合:2ソケット、8コア以上、2.6GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 CPUの物理コアあたり8GB以上
サーバ側必要ディスク容量 1ノードあたり、2つのディスクボリュームが必要
・OS/カタログ領域(OS領域と兼用)
・データ領域
※ディスク容量はシステムごとにサイジング
サーバ側その他動作環境 【ファイルシステム】
ext3、ext4(ext4を推奨)
※OS領域を含め、LVM構成は非サポート
【スワップ領域】
メモリのサイズに関係なく、2GB以上
その他特記事項 【ネットワーク構成】
3ノード構成以上の場合は、PrivateとPublicの2系統必要
※Private:Verticaのノード内通信用(1Gbps以上の帯域)
※Public:外部アプリケーションとの通信用
【仮想化環境】
ライブマイグレーション機能(VMware vMotion等)は非サポート
製品サイトURL:http://www.ashisuto.co.jp/product/category/database/vertica/

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Verticaが解決できる課題や、導入実績/事例などを紹介(1.7MB)

ビッグデータ時代のデータ基盤として全世界で3500社以上(国内40社以上)の実績を誇る『Vertica』。その導入メリット、実績/事例、主要機能などを紹介したリーフレット。
■【設定資料】はじめてのVertica (2.4MB)

はじめてVerticaを使用される方が、Verticaの検証や評価を実施するために必要となる最低限のステップをまとめています。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


株式会社アシスト
部署名:情報基盤事業部ビジネス推進部
住所:東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
TEL:03-5276-3653
e-mail:database@ashisuto.co.jp
URL:http://www.ashisuto.co.jp/


掲載企業


株式会社アシスト
部署名:情報基盤事業部ビジネス推進部
住所:東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
e-mail:database@ashisuto.co.jp
URL:http://www.ashisuto.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028219


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ