データベース環境に最適なオールフラッシュストレージとは?

IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > その他ストレージ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/04/07

「高速」だけでオールフラッシュを選ぶと嵌る重大な落とし穴とは

企業が活用すべきデータ量が増え続け、より高速な処理が可能なオールフラッシュストレージの需要が高まっている。特に、データベース環境では、日々処理すべきデータ量は膨大。高パフォーマンスな性能を装備していることが、ストレージに求められる必須要件であろう。従来型のHDD(ディスク)ストレージと比較して高速処理が可能なオールフラッシュストレージに注目が集まるのも、自然な流れと言える。

HDDのように駆動する機械的な構造がないため、データを読み書きする際に機械が動作する待ち時間が発生せず、I/Oのボトルネックを解消。レスポンス速度を向上させるフラッシュストレージだが、ただ「高速に処理できるから」というだけで、安易にオールフラッシュストレージを選択すると、重大な落とし穴が待ち受けていることをご存じだろうか?

例えば、“短寿命”の問題。フラッシュストレージは、書き込み上限数があるSSD(フラッシュメモリ)を搭載しているがゆえに、HDDと比較して寿命が短いとされているが、この問題に対し解決策が用意されていないと、ストレージ本来の「データ保護」という役割は十分に果たせなくなってしまうばかりか、リプレースの頻度も高まり長期スパンでのコスト高を招いてしまう。

では、どのようなオールフラッシュストレージを選べば失敗しないのか?オールフラッシュストレージも最近では低価格化が進み、データベースなど基幹情報系システムでも導入のハードルは下がってきた。そこで次項では、データベース環境でのオールフラッシュストレージ選びの忘れてはならないチェックポイントを紹介していこう。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「データベース環境に最適なオールフラッシュストレージとは?/「高速」だけでオールフラッシュを選ぶと嵌る重大な落とし穴とは」 (全文)では、「データベース環境に最適なオールフラッシュストレージとは?」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「データベース環境に最適なオールフラッシュストレージとは?」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社


掲載企業 ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028210


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ