Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio


Visual Studio用開発支援ツール
ComponentOne Studio


グレープシティ

Keyノート

  • 基本情報
  • Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studioの特長
  • Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studioのスペック
  • Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studioの資料ダウンロード
  • Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studioの問い合わせ・相談

Visual Studio用開発支援ツール<br>ComponentOne Studio

掲載日:2016/03/28
更新日:2016/06/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
業務アプリケーション開発を容易にするツールをお探しの方。
複数のコンポーネントを使用して早期の開発を実現したい方。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
価格情報 ユーザライセンス イニシャル 〜15万円(税別)
コアサーバーライセンス イニシャル 6万5000円(税別)〜
サポートエリア 全国


特長


開発環境

多様なプラットフォームに対応!常に最新の環境でアプリ開発


Windowsフォーム、WPF、Silverlight、ASP.NET Web Forms/MVC、UWPの6つのエディションに加え、それぞれに業務アプリケーションにおける必要な機能を満たすコンポーネントを数多く収録。あらゆる要望に応えるオールインワンの開発支援ツールであり、多種多様なアプリケーションの開発を可能にする。

豊富なコンポーネントを収録。素早い開発を支援
業務アプリケーションに必要なデータグリッドや帳票、チャート、コンテナやナビゲーションといったUIツールをエディションごとに実装。開発案件ごとに要求に合ったコンポーネントを使用することができる。
また、各コンポーネントは豊富なプロパティやメソッドが備えられており、高度な機能でも簡単に実装することができ、コーディング作業を大幅に軽減する。

常にニーズに合わせた最新の開発環境やテクノロジーに対応
統合開発環境はもちろん、OSのバージョンアップやUWP、WPF、WinRT、Silverlightなどの新しいフレームワークが登場するごとに、対応するエディションを新たに追加。最新のテクノロジーに迅速に対応している。
更に基本的な開発サイクルとして年3回のメジャーリリースを実施。各エディションごとに、その時ニーズのある新しいコンポーネントの追加や機能を強化。契約期間中は、常に最新機能を利用でき、e-mailによる技術サポート(回数無制限)も付属している。




このページの先頭へ

スペック

製品名 ComponentOne Studio
メーカー グレープシティ
クライアント側OS Windows Vista/7/8/8.1/10
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 2 GB RAM
クライアント側必要ディスク容量 最大 1.5 GB
クライアント側その他動作環境 【開発ツール】
Visual Studio 2008 以上
【開発言語】
Visual Basic / C#
【フレームワーク】
.NET Framework 3.5 以上
【ブラウザ】
Internet Explorer 7 以上、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Safari、Opera
サーバ側OS Windows Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 2 GB RAM
サーバ側必要ディスク容量 最大 1.5 GB
サーバ側その他動作環境 【フレームワーク】
.NET Framework 3.5 以上、ASP.NET MVC 3 以上、ASP.NET 5
【Webサーバ】
Internet Information Services
※各種クラウド環境もサポート
その他特記事項 ComponentOne Studioは、Windowsフォーム、WPF、ASP.NET Web Forms/MVC、Silverlight、UWPの業務システム開発用のコンポーネントスイート製品です。

エディションごとに必要な動作環境が異なります。詳細は製品サイトにてご確認下さい。
製品サイトURL:http://c1.grapecity.com/

この製品を比較表に追加

価格情報


ユーザライセンス イニシャル 〜15万円(税別)
コアサーバーライセンス イニシャル 6万5000円(税別)〜


補足説明
◆ユーザライセンス
1人の開発者(製品の利用者)につき1ライセンスが必要となるライセンス。プラットフォーム機能限定の各エディション、すべてのエディションを収録した「Enterprise」を提供。

各エディション:1ユーザライセンス イニシャル 10万円(税別)
Enterprise:1ユーザライセンス イニシャル 15万円(税別)

◆コアサーバーライセンス
本製品に含まれるコンポーネントを使用し、サーバーコンピュータ上で実行されるアプリケーションを配布する場合、プロセッサのコア数(2コア単位)に応じて必要となるライセンス。

※ユーザライセンス/コアサーバーライセンスはサブスクリプション方式で提供。1年ごとの更新が必要。更新時の価格はイニシャルの60%オフ

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■開発現場への要求と課題から見えるコンポーネントの価値(1.9MB)

あらゆる.NET開発における開発現場への要求と課題はコレで解決。ComponentOne Studioの導入による効果や高度なUIを実現する多彩な機能を紹介。
■東京機械製作所ほか、ComponentOne Studio導入事例集(1.6MB)

導入にいたる背景から開発における貢献ポイント、具体的な利用コントロールなどの経緯を詳しく紹介。パッケージ開発や受託開発など幅広い事例を収録。
■あらゆる帳票にこれ1つ。〜FlexReport〜(2.3MB)

収録されているWindowsフォーム開発用帳票ツールの紹介。正確性、高速性、多彩な表現力などを詳しく解説。実用的な帳票や複合帳票などのサンプルも多数紹介。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


グレープシティ株式会社
部署名:ツール事業部 営業部
住所:埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル3F
TEL:048-222-3001
e-mail:sales@grapecity.com
URL:http://c1.grapecity.com/


掲載企業


グレープシティ株式会社
住所:宮城県仙台市泉区紫山3-1-4
TEL:022-777-8210
URL:http://www.grapecity.com/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028168


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ