InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)


InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)


アルプス システム インテグレーション

Keyノート

  • 基本情報
  • InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)の特長
  • InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)のスペック
  • InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)の資料ダウンロード
  • InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)の問い合わせ・相談

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)

掲載日:2016/02/06

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
マイナンバーの管理強化をしたい企業・法人。
情報流出に備えた情報漏洩対策を強化したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。
価格情報 【1〜99ライセンスの場合】
1万5000円(一般)
1万2000円(ガバメント)
1万500円(アカデミック)
※1ライセンスあたり、税別
サポートエリア 全国


特長


自動暗号

マイナンバー、個人情報の管理強化に自動暗号化


InterSafe IRMは、情報漏洩のリスクに備えて、マイナンバーや個人情報、企業の機密情報などのデータを自動的に暗号化するソフトウェア。データの保存時に自動で暗号化するため、ユーザが暗号化を意識することなく、セキュリティを確保することができる。

●自動暗号で暗号化漏れなし、違和感なし
ファイルは保存時に自動で暗号化されるので、ユーザは特別な操作が不要。
暗号化忘れのリスクや業務への影響なしに安全を確保できる。

●オフライン時やデータ持ち運びの際にも暗号化状態を持続
メール添付時やUSBメモリなどに書出した場合、社外での利用時も、暗号化が保持される。
許可された端末であればオフラインでも一定時間の利用が可能。

●ファイルの閲覧・編集権限の自動付与
所属部門や職位など、ユーザの属性に応じたファイルの利用権限を自動で付与できる。
マイナンバーを含むファイルのアクセス権限の制限などで、組織内での情報管理を強化できる。

●暗号化対象アプリケーションの追加
Office系のドキュメントだけでなく、動画やデータベースなど様々なアプリケーションを対象に暗号化が可能。
管理画面から、独自アプリケーションの追加もできる。

●マイナンバー、個人情報をピンポイントで検出、暗号化可能(連携機能)
三菱スペース・ソフトウエア社の個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」との連携機能を標準搭載。
ファイルサーバやPC上のファイルに含まれる個人情報を検出し、対象となるファイルが暗号化されていない場合には自動で暗号化できる。
※利用には別途「すみずみ君」のライセンス購入が必要

●ファイル一括暗号化フォルダ機能
特定フォルダに格納するだけで、あらかじめ設定されたレベルに応じた暗号化ができる。

●SDK(開発キット)提供
導入済みの文書管理システムなどと連携し、業務内容に応じたセキュアな運用ができる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)
メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS Microsoft Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate / SP1
Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise
Microsoft Windows 10 / Pro / Enterprise
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応
クライアント側対応プロセッサ Intel Pentium 4 2.0GHz 以上
クライアント側必要メモリ容量 1GB 以上(2GB以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 600MB以上
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2008 Standard / Enterprise SP2
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise SP1
Microsoft Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
※日本語OSのみ対応
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB 以上 (4GB 以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Microsoft Internet Explorer 8,9,10,11
※InterSafe Manager(管理ツール)の動作環境
その他特記事項 ※制限事項や最新の動作環境、動作確認済みアプリケーションについては製品サイトにてご確認下さい。
製品サイトURL:http://www.alsi.co.jp/security/isirm/

この製品を比較表に追加

価格情報


【1〜99ライセンスの場合】
1万5000円(一般)
1万2000円(ガバメント)
1万500円(アカデミック)
※1ライセンスあたり、税別


補足説明
※新規ご購入時の最低購入数は5ライセンスです
※初年度より、製品合計価格の15%がサポートサービス費として別途発生します

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 総合カタログ(10.5MB)

情報漏洩対策に関する企業の悩みを解消するファイル暗号化ソフト「InterSafe IRM」を含む情報漏洩対策シリーズをご紹介します。
■暗号化ソフト:自治体での年金情報漏洩事件後のスピード導入事例(1.5MB)

ファイル自動暗号化ソフト「「InterSafe IRM」の自治体での導入イメージ事例。年金情報漏洩事件を受けた、複数の自治体でのスピード事例をモデル化した導入事例です。
■情報シス担当515人に訊きました:企業での情報管理実態調査(1.2MB)

金融・情報・製造業の情報システム担当者を対象に実施した、企業における情報管理実態調査のレポート。
■年金情報流出は防げたか?自動暗号化でデータ流出に備えた対策を(5.6MB)

日本年金機構での情報漏洩事件を例に、自動暗号化ソフトのデータ流出後の情報漏洩防止への貢献度を紹介。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


アルプス システム インテグレーション株式会社
部署名:セキュリティ事業部セキュリティ営業部
住所:〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:03-5499-8045
URL:http://www.alsi.co.jp/


掲載企業


アルプス システム インテグレーション株式会社
部署名:セキュリティ事業部セキュリティ営業部
住所:〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:03-5499-8045
URL:http://www.alsi.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028154


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ