IC3(アイシーキューブ)


キヤノンITソリューションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • IC3(アイシーキューブ)の特長
  • IC3(アイシーキューブ)のスペック
  • IC3(アイシーキューブ)の資料ダウンロード
  • IC3(アイシーキューブ)の問い合わせ・相談

IC3(アイシーキューブ)

掲載日:2016/02/15
更新日:2016/12/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
テレビ会議やWeb会議、ビデオ会議をセキュアに行いたい企業、コスト削減、時間の有効活用を実現したい企業など。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
価格情報 お問い合わせ下さい(オンプレミス版・ASP版)
サポートエリア 全国


特長


Web会議

「シンプル」「スムーズ」「セキュア」のWeb会議システム


コスト削減やテレワークの手段としても注目されるテレビ会議やビデオ会議、Web会議。
その中で、キヤノンITソリューションズの「IC3(アイシーキューブ)」は、4つの特長を持つWeb会議システムだ。

●優れた音声品質。複数人でも自然な会話
IC3は、 人の声に特化したコーデックに独自のチューニングを施し、 聞き取りやすく、 遅延の少ない音質を実現。複数人が同時発言しても声の途切 れやつぶれが発生しにくく、ブレーンストーミンクなどのような気軽なミーティングにも使える。

●操作が簡単。迷わせない、シンプルな操作性
誰にでも分かりやすく、モバイルでも使いやすくするため機能を厳選し、 操作ボタンを必要最低限まで絞り込んでいる。

●狭帯域に強い。安定した通信品質
圧縮効率の高い映像コーデックを採用。通信プロトコルは、安定性の高いTCP(Transmission Control Protocol)を採用。これにより、例えば通信環境のよくない環境からタブレットやスマートフォンでミーティングに参加する場合などにも、ストレスなくやり取りができる。

●設定・管理が簡単。自社に適した設定も管理も可能
自社内サーバー設置が可能。通信ポートも1つですむため、ネットワーク設定・構築が容易。サーバー側での利用者ID追加や社内ポータル連携など、自社に適した設定も自在。

■IC3 for iPad

外出先や営業現場でも、すぐにWeb会議をスタートできる。理由は、シンプルな操作画面と狭帯域での強さだ。参加者の映像レイアウト変更や、前面・背面カメラの切り替えなどを、ワンタッチで簡単に操作できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 アイシーキューブ
メーカー キヤノンITソリューションズ
クライアント側OS Windows Vista、Windows 7(Starterは除く)、
Windows 8.1(RTは除く)、Windows 10
Android 4.0、4.1、4.2、4.3、4.4、5.0、6.0
iOS 8.1、8.2、9.1、9.2、9.3、10.1
クライアント側対応プロセッサ Core 2Duo 2.40GHz以上(推奨 Intel Core i5)
(Android端末の場合:ARMv7アーキテクチャ)
クライアント側必要メモリ容量 1GB以上(推奨 2GB)
クライアント側必要ディスク容量 空き容量:100MB以上
(Android端末の場合:10MB以上(本体))
クライアント側その他動作環境 前提ソフトウェア:DirectX 8.1以上
Internet Explorer 9 / 11
サーバ側OS Windows Server 2008 / R2 Standard Edition
Windows Server 2012 / R2 Standard Edition
Red Hat Enterprise Linux 5、Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Enterprise Linux 7
サーバ側対応プロセッサ Xeon E3-1230 V2 3.30GHz以上(推奨 Xeon E3-1241 v3 3.50GHz)
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上(推奨 8GB)
サーバ側必要ディスク容量 空き容量:300MB以上
サーバ側その他動作環境 openssl-1.0.2
PostgreSQL 9.3.13(製品に同梱)
その他特記事項 音声品質が良く、シンプルな操作でセキュアにお使いいただける、サーバ導入タイプのWeb会議システムです。ASPタイプご希望の場合は、お問い合わせ下さい。

◆トライアル(無料)◆
https://reg.canon-its.co.jp/public/application/add/114
◆導入前のよくあるご質問◆
https://www.canon-its.co.jp/products/ic3/faq/

【その他の機能】
・iPhone・iPad・Androidに対応
・Web会議室予約&メール通知、ゲスト招待機能
・柔軟な製品カスタマイズ・既存システムとの連携
・Bluetooth オーディオデバイス利用可(iOS)

※アプリケーション共有は、各アプリケーション提供元のライセンス規則に順じてご利用下さい。
製品サイトURL:https://www.canon-its.co.jp/products/ic3/

この製品を比較表に追加

価格情報


お問い合わせ下さい(オンプレミス版・ASP版)


補足説明
◆優れた音声品質◆
途切れが少なく、低遅延なので、参加者が自由に発言し合うブレインストーミングのような打ち合わせや、現場スタッフとの状況確認などのコミュニケーションにも活用できます。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■4つの特長が分かる!IC3製品パンフレット(920KB)

4つの特長「優れた音声品質」・「操作が簡単」・「狭帯域に強い」・「設定・管理が簡単」と、基本機能を解説した製品パンフレット。
■iPadで「高音質Web会議」を実現。旭日産業株式会社事例(625KB)

過去にiPad用Web会議システムを導入したが音声の途切れやハウリングなどからWeb会議がほとんど行われない事態に。音声品質の良さを最優先に選び直したWeb会議システムは…
■合併で急増した出張を、Web会議が削減。日新製糖株式会社事例(546KB)

企業の合併を円滑に進めるには、十分な連携と意思疎通が欠かせない。しかし、出張会議はコストや社員への負担が大。解決策にWeb会議IC3を選定した背景や理由を紹介。
■施設間会議のほか、広報活動に新たな可能性も。岩井医療財団事例(1.8MB)

プライベートクラウドに、セキュアで柔軟なWeb会議システムを構築。病院の施設間のコミュニケーションを向上したほか、新たな活用シーンがひろがる事例。
■定例会議のスムーズな進行を実現。ウライ株式会社事例(1.4MB)

「音声品質」を決め手にWeb会議をリプレース。役職者による月2回の拠点間会議で、業績や商談状況などの情報共有を迅速化した事例。
■Web会議の選定・導入に役立つ「遠隔会議スタートブック」(399KB)

会議システムの概要や選び方をまとめた、Web会議導入に役立つ資料。導入前セルフチェックシート付き

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


キヤノンITソリューションズ株式会社
住所:〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
TEL:03-6701-3579
e-mail:pkg_info@canon-its.co.jp
URL:https://www.canon-its.co.jp/products/ic3/


掲載企業


キヤノンITソリューションズ株式会社
住所:〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
TEL:03-6701-3579
e-mail:pkg_info@canon-its.co.jp
URL:https://www.canon-its.co.jp/products/ic3/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028150


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ