IBMのCFIA(構成要素障害影響分析)ソリューション

IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > パフォーマンス診断 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/02/03
更新日:2016/02/23


日本アイ・ビー・エム

ついに資料公開!万一の障害によるシステム停止を回避する秘策
システム停止による経営への影響を最小限に止めることは重要。しかし度重なるシステム増強で構成や運用方法が変わってしまい自社システムを把握しきれず障害対応が後手後手に…というのはありがち。システム停止を招かないための秘策とは?

メインフレームからPC、ネットワークにいたるまで、企業システムの安心・安全をトータルに支援してきたIBM。その実績をベースに、システムの障害が業務に与える影響を最小化するための最適な解決策立案を支援するのが、CFIA(構成要素障害影響分析)ソリューションです。

本資料では、光学機器メーカー、地方金融機関、計測機器メーカー、建材製造メーカーの4つの具体的なユースケースを取り上げ、このソリューションの活用効果を分かりやすく解説しています。

度重なるシステム増強で構成や運用方法が変わってしまい
自社システムを把握しきれず障害対応が後手後手に…とい
うのはありがちな話。

障害対応を迅速に行い、システム停止によるビジネスの影
響を最小限に止めるためにも
、このソリューション内容と
効果を確認してみて下さい。



※拡大版はPDFでご確認下さい。

こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


待望のBIだったはず。導入後、間もなくリプレースを検討…なぜ?

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

簡単だけで選ぶと落とし穴に…ノンプログラミング開発ツール選び

続々登場するノンプログラミング開発ツールだが、どのツールも「簡単、短期間でシステム開発」と謳い「どれを選べばいいのか…」という人も多いのでは?そこで選び方を徹底…

ECサイトが1秒の表示遅延で失う売り上げは? EC基盤が顧客体験に与える影響度

2018年には世界全体で3兆ドル超の規模になると見込まれるEC市場では、「顧客体験」が勝敗を分けるポイントとなる。わずか1秒の遅延でも買い物をやめてしまう消費者…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する?

次世代アプリケーションに俊敏性をもたらすITインフラが求められるようになったが、現場では従来型アプリケーションも必要とされている。新旧のアプリケーションが混在す…

インフラの多様化でさまざまなプラットフォームが混在……どう解消すべきか

企業ITはハイブリッド環境が主流となりつつあり、混在する各種プラットフォームの統合的な管理・運用が大きな命題となっている。その実現には、異なるプラットフォームが…

クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは?

生産性向上とセキュリティ確保。予算も人的リソースも限られる中小企業が、この2つの課題に無理なく取り組むにはどうすればよいのか。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10028096


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ