SANsymphony-V


データコア・ソフトウェア

Keyノート

  • 基本情報
  • SANsymphony-Vの特長
  • SANsymphony-Vのスペック
  • SANsymphony-Vの資料ダウンロード
  • SANsymphony-Vの問い合わせ・相談

SANsymphony-V

掲載日:2016/01/01
更新日:2016/01/15

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ストレージのコスト、性能、可用性、データ移行、クラウド移行に課題を持つ企業。無停止サービスを提供するプロバイダ。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ストレージ仮想化という新しい価値観を提供するSoftware-Defined Storage製品。ストレージをハードウェアの制約から開放し、性能、容量、運用とコストを高次元で最適化。
価格情報 ライセンス:43万2000円〜
サポート費:10万8000円〜
※税別
サポートエリア 全国


特長


SDS

様々なストレージの課題を解決するSoftware-Defined Storage!


SANsymphony-Vは、x86サーバ上で動作するSoftware-Defined Storage製品。最新のV10では、クラウドへの対応、管理性の改善、性能、機能面での大幅な強化を果たし、ストレージ環境を改善する。

●ストレージ仮想化
あらゆるデバイスをプール化し、筐体を跨ぐ同期ミラーリング、デバイスを超えたスナップショット、階層化、負荷分散、レプリケーションを実現する。無停止環境を実現し、インフラライフサイクルが変わることにより、ストレージのTCOを大きく改善する。

●ハイパフォーマンス
低遅延、高性能なサーバサイドフラッシュ(PCIe Flash)を仮想化、圧倒的高性能をストレージ環境にもたらす。V10PSP1より追加されたRandom Write AcceleratorはSAS/SATAハードディスクの書き込みをSSD並の性能に改善する。高密度VDI、高トランザクションOLTPも難なく処理。性能問題を抱える既存ストレージ環境へのインテグレーションにも対応する。

●ハイパーコンバージドストレージ
ハイパーバイザーとストレージを統合、進化し続けるx86サーバを余すことなく使いきる、ハイパーコンバージドストレージ。仮想基盤から専用ストレージを不要にし、構成と管理をシンプルにする。最小2ノードから最大64ノード、64PBまで対応。

●クラウド連携
OpenStack Cinderは対応済み。パブリッククラウドへのデータマイグレーション、DR、透過的階層化も実現し、ハイブリッド&マルチクラウド戦略を加速する。




このページの先頭へ

スペック

製品名 SANsymphony-V
メーカー データコア・ソフトウェア
クライアント側OS Windows、Linux、UNIX、Mac OS X、VMware、XenServerほか
※詳細はお問い合わせ下さい
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2012 R2
サーバ側対応プロセッサ 2.0GHz以上の2つのシングルコアCPU、もしくはデュアルコアCPU
サーバ側必要メモリ容量 8GB以上
サーバ側必要ディスク容量 20GB以上
サーバ側その他動作環境 1Gbps以上のイーサネット、2ポート以上のFibre Channel HBA、もしくは2ポート以上のiSCSI用イーサネット
その他特記事項 -
製品サイトURL:http://datacore.com/international/japanese/SANsymphony-V.aspx

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■統合データサービスプラットフォーム SANsymphony-V10の紹介(723KB)

「SANsymphony-V」の有用性や各種機能を分かりやすく解説。
■BCP/DRのコストを最適化(2.5MB)

災害対策のコストを上昇させる3つの問題点、ストレージ・ネットワーク・既存環境の制約を吸収する「SANsymphony-V」について紹介。
■VDI(仮想デスクトップ)環境のストレージを最適化(1022KB)

スモールスタート、スケールアップにより投資対効果(クライアント単価)を最適化する「SANsymphony-V」について紹介。
■ストレージマイグレーションスイート -データ移行ライセンス-(2.2MB)

異なるメーカー・機種間におけるSANのデータ移行に必要な機能をすべてバンドルした、ワンタイムライセンスプログラムについて紹介。
■ストレージ仮想化によりBCP対策を短期で実現(2.5MB)

高度なBCP/DR、短期間での導入を実現したエステーの導入事例。
■データバックアップの仮想化により端末のレスポンスを大幅に改善(1.0MB)

仮想デスクトップ端末のレスポンスを大幅に改善し、BCMも実現したダイワパックスの事例。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


データコア・ソフトウェア株式会社
部署名:セールス
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-14-7 AK star ビル5F
TEL:03-6695-7013
FAX:03-6695-7140
e-mail:datacore-japan-sales@datacore.com
URL:http://www.datacore.com/international/japanese/


掲載企業


データコア・ソフトウェア株式会社
部署名:セールス
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-14-7 AK star ビル5F
TEL:03-6695-7013
FAX:03-6695-7140
e-mail:datacore-japan-sales@datacore.com
URL:http://www.datacore.com/international/japanese/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027990


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ