InterSafe DeviceControl


アルプス システム インテグレーション

Keyノート

  • 基本情報
  • InterSafe DeviceControlの特長
  • InterSafe DeviceControlのスペック
  • InterSafe DeviceControlの資料ダウンロード
  • InterSafe DeviceControlの問い合わせ・相談

InterSafe DeviceControl

掲載日:2015/12/26

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
デバイス制御で情報漏洩対策をしたい法人。スマートデバイス、ポータブルデバイスを制御したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。
価格情報 【1〜99ユーザ】1ライセンスあたり 5000円(税抜)
 ※初年度より製品価格の15%が
  サポートサービス費として別途発生します。
サポートエリア 全国


特長


デバイス制御

外部デバイスの利用を徹底管理、情報漏洩を未然に防ぐ


InterSafe DeviceControlは、スマートフォンやUSBメモリをはじめとする様々な外部デバイスを制御し、データの持ち出しや流出を防ぐ情報漏洩対策ソフト。外部デバイスからのデータ書き出しを制限し、許可されたデバイス以外へのデータコピーを禁止。操作のアクセスログの取得も可能で、不正利用への抑止効果も発揮する。

●多様なデバイスに対してきめ細かな制御設定が可能
スマートフォンやタブレットなどのポータブルデバイスや、Webカメラやデジタルカメラなどのイメージングデバイスの利用制御、CDやDVD、リムーバルディスク(USBメモリやSDカードなど)の読み込み・書き込み制御、シリアルポート、プリンタ出力のオンオフ制御など、詳細なコントロールが可能。

●グループ管理者でも運用が可能
より実務に即した使い方ができるよう、デバイス規制の設定は各グループ管理者からも行うことができる。また、特別に利用を許可するUSBの登録も可能で、業務進行の妨げを回避し、利便性の高い運用を実現する。

●シリーズ製品との連携により、柔軟でセキュアな運用を実現
情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」の各製品との連携が可能。各製品を組み合わせることで、利便性の確保やワークフロー機能の追加、暗号化によるセキュリティ強化など、ユーザの様々なニーズに柔軟に対応する。

【連携例】ワークフロー製品「InterSafe WorkFlow」
データ書き出しの申請・承認がWeb上から実行でき、円滑な運用を促進する。書き出し履歴は証跡として管理され、書き出しデータの原本もサーバー上に保存。万一のデータ流出時にも即時追跡、早期対処が可能になる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 InterSafe DeviceControl
メーカー アルプス システム インテグレーション
クライアント側OS クライアント導入PC
Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate / SP1、Windows 8.1 / Pro / Enterprise
Windows10 / Pro / Enterprise
※32/64bit対応
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応
クライアント側対応プロセッサ 各OSで規定されているシステム要件に準じます
クライアント側必要メモリ容量 1GB 以上(2GB 以上推奨)
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 ・32/64bit対応
・日本語/英語/中国語(簡体)OS対応
・サーバー側OS対応のWindowsサーバーOSにも対応
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2008 Standard / Enterprise SP2
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise SP1
Microsoft Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
※日本語OSのみ対応
サーバ側対応プロセッサ Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB 以上(4GB 以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 ●仮想環境
VMware View, Citrix XenDesktop

●利用可能USBメモリ
128MB〜64GB(USB2.0/3.0)
※ソフトの特性上サイズによる制限はないが、試用版での検証を推奨。

●対応ブラウザ
Internet Explorer 8, 9, 10, 11
※InterSafe Manager(管理ツール)、InterSafe WorkFlowの動作環境
製品サイトURL:http://www.alsi.co.jp/security/isdc/

この製品を比較表に追加

価格情報


【1〜99ユーザ】1ライセンスあたり 5000円(税抜)
 ※初年度より製品価格の15%が
  サポートサービス費として別途発生します。


補足説明
【100〜499ユーザ】1ライセンスあたり 4500円(税抜)
【500〜999ユーザ】1ライセンスあたり 4000円(税抜)
【1000ユーザ〜】別途お問い合わせ下さい

・利用する端末数に応じたライセンス数が必要です。
・新規ご購入時の最低購入数は5ライセンスです。
・詳細は、製品サイトをご確認下さい。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■デバイス制御で情報漏洩対策 InterSafe DeviceControl概要(929KB)

InterSafe DeviceControlの主な機能、利用イメージを紹介したチラシです。
■マイナンバー導入時に必須の情報漏洩対策強化とは(878KB)

2016年1月のマイナンバー制度開始にともない、企業で検討しておくべき情報漏洩対策についての簡単な説明資料です。
■データの安全活用、盲点はここだ!〜情報漏洩事件と対策〜(4.6MB)

企業・法人におけるデータ管理において重要な、安全かつ効率的なデータ活用のための、各企業の取り組み調査及び対策ソリューションを紹介する資料です。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


アルプス システム インテグレーション株式会社
部署名:セキュリティ事業部セキュリティ営業部
住所:〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:03-5499-8045
URL:http://www.alsi.co.jp/


掲載企業


アルプス システム インテグレーション株式会社
部署名:セキュリティ事業部セキュリティ営業部
住所:〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:03-5499-8045
URL:http://www.alsi.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027979


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ