Cisco/HITACHI 垂直統合基盤ソリューション

IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > 垂直統合型システム > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/01/15
更新日:2016/03/08


日立製作所

どっちがいい?フラッシュストレージvsハイブリッドストレージ
普及が進んでいるフラッシュストレージですが、オールフラッシュだけでなくハイブリッドストレージでの導入が急速に広がっています。この2つにHDD構成を加え、3つのストレージ構成基盤を徹底比較。性能・コストなど検証結果を公開します!

近年はビッグデータの活用や基盤のリプレイスなどにより、データベース統合を行う企業が増えています。

データベース統合時はシステム負荷が増大するため処理性能の強い基盤が必要です。そこでフラッシュストレージを選択する場合が多くなっていますが、オールフラッシュだけではなく、ハイブリッドストレージを選択する企業が急速に増えています。

特に設計・検証の手間から解放され、導入期間を短縮できるハイブリッドストレージ構成による垂直統合基盤が人気です。

そこで今回紹介する資料ではインフラ設計者の課題整理を行ったうえで、オールHDD、オールフラッシュ、ハイブリッドストレージの3つのストレージ構成を比較。ハイブリッドストレージは厳しい要件に対して実績のあるCisco/HITACHIによる垂直統合基盤が検証されています。

3つの基盤のレスポンスタイムやコストパフォーマンスの差はどうだったのでしょうか?

≫具体的な結果を資料で公開!



※拡大版はPDFでご確認下さい

こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立製作所


掲載企業 株式会社日立製作所

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027978


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ