クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View


クライアント運用管理ソフトウェア
SKYSEA Client View


Sky

Keyノート

  • 基本情報
  • クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client Viewの特長
  • クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client Viewのスペック
  • クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client Viewの資料ダウンロード
  • クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client Viewの問い合わせ・相談

クライアント運用管理ソフトウェア<br>SKYSEA Client View

掲載日:2016/02/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
情報漏洩対策として、ログ管理やIT資産管理の効率化を実現したい管理者。使いやすいIT運用管理ツールをお探しの企業・団体。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 使いやすさを追求したクライアント運用管理ソフトウェア。「ログ管理」や「IT資産管理」など必要な機能を標準装備し、専門知識がない人でも簡単に扱える点が魅力。
価格情報 SKYSEA Client View Light Edition
10ライセンス:35万4000円(税別、保守費別)〜
サポートエリア 全国


特長


直感的な操作

組織の情報漏洩対策の強化に役立つ機能を多数搭載


クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、ログ管理・セキュリティ管理・デバイス管理・IT資産管理といった情報漏洩対策に必要な機能をオールインワンで提供している。

【特長1】使いやすさ
大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目で分かるよう構成された管理画面などを用意し、「使いやすさ」にこだわった設計が特長。
 
【特長2】オールインワン
情報漏洩対策、IT資産管理に欠かせない各種機能をオールインワンで搭載。各機能で集積したデータを共有し、機能を連動させることで、例えば、PCの利用状況を把握した上で、セキュリティポリシーを設定したり、必要に応じてメンテナンスを行うなど、1つのツールで管理することによる効率化が図れる。
<搭載機能>
ログ管理 / セキュリティ管理 / デバイス管理 / 資産管理 / ソフトウェア資産管理(SAM) / レポート / メンテナンス / サーバー監査 / モバイル機器管理(※一部、オプション機能)

【特長3】 毎年のバージョンアップ
ユーザの声を取り入れて、常に改善を図るため、発売以来、毎年定期的にバージョンアップ。IT環境の変化にいち早く対応し、更に使いやすい商品を目指し、進化を続けている。  

【Ver.11新機能】

(1)マイナンバーの安全運用を支援する機能を搭載
・マイナンバーを取扱うPCに対する各種操作を制限
・画面操作録画機能を強化、取扱い状況を視覚的に把握(オプション)
(2)標的型攻撃対策を支援する機能を搭載
・緊急対応が必要なアラートを色分け表示して管理
・指定したアプリケーションのみ実行を許可
・ログから起動元プロセスを特定、マルウェア追跡に活用(オプション)
・緊急性の高い更新プログラムを優先的に強制実行(オプション)




このページの先頭へ

スペック

製品名 クライアント運用管理ソフトウェア
SKYSEA Client View (Ver.11)
メーカー Sky
クライアント側OS Windows Vista / 7 Professional以上 / 8 / 8.1 / 10
Mac OS X 10.4 / 10.5 / 10.6 / 10.7/ 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11
Linux OS Red Hat Enterprise 4 / 5 / 6 / 7
その他、下記のサーバーOSにも対応。
クライアント側対応プロセッサ Windows : Intel(R) Pentium(R) III 866MHz 以上
Mac : Intel(R)製CPU
クライアント側必要メモリ容量 Windows : 256MB以上
Mac : 512MB以上
※ 端末機の台数増加にともない、管理機で必要なメモリも増加
クライアント側必要ディスク容量 400MB以上の空きがあること。
※運用状況により異なります。
クライアント側その他動作環境 【ブラウザ】Internet Explorer 5.5 SP2 以上
【仮想化環境】Windows Server 2008 Hyper-V、VMware ESX / ESXiに対応
【ハードウェア環境】Intel(R) vPro(TM) Technologyに対応
【ネットワーク】TCP/IP通信ができること
サーバ側OS Windows Server 2003(SP2)(※)
Windows Server 2003 R2(SP2) (※)
Windows Server 2008(SP2)
Windows Server 2008 R2(SPなし / SP1)
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
※ マスターサーバ以外のサーバーで利用可能
サーバ側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(R) 4 3GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 1GB以上 
※システム構成により、4GB以上のメモリ搭載が推奨となる場合があります。
サーバ側必要ディスク容量 管理対象PCが300台の場合、120GB以上の空きがあること
※画面操作録画の録画時間によって異なります。
サーバ側その他動作環境 【ディスプレイ】1024×768 16bit Color以上
【仮想化環境】Windows Server 2008 Hyper-V、VMware ESX / ESXiに対応
【ネットワーク】100Mbps以上のHUBを使ったIPネットワーク
その他特記事項 高速ログ検索を利用される場合は、専用のサーバー機をご用意下さい。
製品サイトURL:http://www.skyseaclientview.net/

この製品を比較表に追加

価格情報


SKYSEA Client View Light Edition
10ライセンス:35万4000円(税別、保守費別)〜


補足説明
※初年度よりソフトウェア保守費用は必須です。(ソフトウェア保守費用には、電話・E-Mailなどの問い合わせ対応、メジャーバージョンアップ権利を含みます)
※詳細は、お問い合わせ下さい。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■今見直すべきクライアントPCの情報漏洩対策(1.4MB)

マイナンバー制度の運用開始に向けて、今、対応すべき情報漏洩対策について分かりやすく解説したカタログです。
■SKYSEA Client View Ver.11 概要カタログ(1.6MB)

「SKYSEA Client View」の特長や機能概要を紹介したカタログです。
■SKYSEA Client View Ver.11 新機能のご紹介(3.9MB)

「SKYSEA Client View Ver.11」に搭載されている新機能を紹介したカタログです。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


Sky株式会社
部署名:ICTソリューション事業部
住所:〒532-0003 大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル20階
TEL:06-4807-6382
FAX:06-4807-6376
e-mail:info@skyseaclientview.net
URL:http://www.skyseaclientview.net/


掲載企業


Sky株式会社
部署名:ICTソリューション事業部
住所:〒532-0003 大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル20階
TEL:06-4807-6382
FAX:06-4807-6376
e-mail:info@skyseaclientview.net
URL:http://www.skyseaclientview.net/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027937


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ