「Commvault×Cisco」のバックアップソリューション

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップサービス > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/01/26
更新日:2016/03/09


「Commvault×Cisco」で短期間に作る4TBからのバックアップ
企業が所有するデータは増加の一途をたどっている。その大半を占めているのがオフィスソフトのドキュメントや音声、画像、Webコンテンツなどのいわゆる非構造化データだ。基幹システムのもとで運用している構造化データは言うに及ばず、これらの非構造化データも企業にとっての重要な財産であり、ITシステムのトラブルや操作ミス、災害などを想定したバックアップが欠かせない。  

ただ、保護しなければならないデータがどれだけ多様化し、容量が増えたとしても、バックアップのための予算は一向に増えないのが現実だ。直接的な収益につながる投資にはならないだけに、むしろ経営者にとってはコストを削減したいのが本音。板挟みにあうIT部門の苦労が絶えることはない。  

そもそも、なぜバックアップに多額のコストをかけて苦労しているのだろうか――。拠点や部門ごとにバックアップソフトが乱立し、更に近年では物理環境、仮想環境、クラウドが混在し、システムの運用そのものが複雑化しているのがその原因だ。  

裏を返せば、多様なバックアップ要件に包括的に対応できるソリューションがあれば、ほとんどの問題は一気に解決できるはずである。このニーズに応えるべくCommVault Systems(以下、Commvault)とシスコシステムズ(以下、Cisco)が手を組んだ。両社が実現するシンプル&低コストのバックアップ統合とはいかなるものなのか?次項で詳しく紹介していこう。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「「Commvault×Cisco」のバックアップソリューション/「Commvault×Cisco」で短期間に作る4TBからのバックアップ」 (全文)では、「「Commvault×Cisco」のバックアップソリューション」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「「Commvault×Cisco」のバックアップソリューション」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 クラウドバックアップサービス 【NEC】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 CommVault Systems Japan株式会社 シスコシステムズ合同会社


掲載企業 CommVault Systems Japan株式会社 シスコシステムズ合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


なぜ Office 365 は急な組織変更にも迅速に対応できるのか?

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略を司る経営者や部門長などにとって重要視すべきポイント。そこで医…

分析工数のほとんどを、データ形成に奪われている気がする……

ビッグデータを分析して高度なインサイトを獲得するには、まず効率的なデータ管理基盤が必要になる。統合的に管理できる基盤によって、データの収集と変換作業が迅速になり…

見過ごせないパブリッククラウド・オープン系の運用監視 有効手段はあるのか?

パブリッククラウドやSaaSで利用している業務系および情報系のシステムは、オンプレミスもしくはプライベートクラウドで運用している基幹系システムと部分的に連携して…

バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例

巨大なシステム基盤を擁するYahoo! JAPANは、Oracleデータベース基盤のバックアップ、災害対策の遠隔レプリケーションの長時間化に課題を感じ、重複排除…

“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務

仮想化、クラウド、マルチデバイス化などが進むにつれ、IT部門の管理負担は増大している。こうした状況下において、IT管理と業務のバランスを保ち、事業全体の最適化を…

わずか1分でリソース構成――「コンポーザブル・インフラ」は何がすごいのか

「コンポーザブル・インフラ」がビジネスを加速させるITインフラの新たな姿として注目を集めている。インフラの各要素をコンポーネントとし、それを柔軟に組み合わせてプ…

実は危険な“塩漬けLinux”サーバの安全を守る実践的アプローチ

AWS普及に伴い、Linuxの利用が拡大している。クラウドとの親和性の高さや安全性など総合的に高い評価を受けている。だが、その真価を発揮するには、適切に管理され…

インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると……

標的型攻撃の被害が拡大している今、その有効な打ち手として「インターネット分離」が注目されている。ここで見過ごしてはいけない重要なポイントである分離後のセキュリテ…

「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない?

サイバー攻撃の高度化により、仮想デスクトップにセキュリティ製品を組み合わせた対策だけで脅威を防ぐことはさらに難しくなった。そこで、マルウェア感染を前提としたセキ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027836


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ