【特別対談】データ連携基盤はここまで進化!IoTの未来は?

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > EAI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/01/19
更新日:2016/03/16


データ活用を進める企業待望のIT製品が登場!IoTの未来は…?

今、ITテクノロジーの世界は、IoT(Internet of Things)へと大きく舵を切ったと言えるのではないだろうか。大手製造業を始めとする多くの企業が、IoTへの取り組みを本格化し、IoTを活用した製品が我々の手元に届くのは、もう目前にまで迫ってきていると言っても過言ではないだろう。

そのIoTを担うキーテクノロジーとして、俄然注目を浴びているのが、データ連携技術であろう。膨大なデータを、IoTの“モノ”へと実用的につなげるには、様々な環境やシステムへ最適化して接続するデータ連携の技術が不可欠だからだ。

そんな最中、データ連携ツールの分野ではトップクラスのシェアを誇る「DataSpider Servista」を持つ株式会社アプレッソが、 Microsoft Azureを活用したシステムインテグレーションを得意とする株式会社ネクストスケープと協業し、Microsoft Azureが提供する各種サービスを柔軟に活用するための「クラウド・データ連携接続アダプタ製品」を共同開発。2016年1月より販売開始するというニュースが飛び込んできた。

この新たなアダプタ製品が切り開くIoTの未来とは?共同開発の狙いとは?そして、IoT開発に限らず、ビッグデータなどのデータ活用を推し進める企業へもたらされる計り知れないメリットとは?アプレッソ、ネクストスケープ、そして日本マイクロソフトの3社による対談で明らかにしていきたい。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「【特別対談】データ連携基盤はここまで進化!IoTの未来は?/データ活用を進める企業待望のIT製品が登場!IoTの未来は…?」 (全文)では、「【特別対談】データ連携基盤はここまで進化!IoTの未来は?」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「【特別対談】データ連携基盤はここまで進化!IoTの未来は?」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】
EAI EAI EAI
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社アプレッソ 株式会社ネクストスケープ 日本マイクロソフト株式会社


掲載企業 株式会社アプレッソ 株式会社ネクストスケープ 日本マイクロソフト株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


VDIを導入するとどういいの? 効率よくメリットを享受する方法

仮想デスクトップ(VDI)はセキュリティやBCPに大きな効果があるだけでなく、PCの管理負荷低減というメリットもある。そこで、VDIの2つの利用方法に対応する「…

地震、雷、火事、情シス――災害対策は検証して初めて役に立つ

災害を想定したBCP(事業継続計画)を策定する企業は多いが、その後は検証されることもなく、放置されているケースが目立つ。担当者が未検証であったために、実行性が低…

クラウドERPへの移行は、企業にとってどんなメリットをもたらすのか?

多くの企業のバックボーンであるERPの導入、改良は、高コストで時間がかかっていた。対して先進企業で既に導入が始まっているクラウドERPは、今やオンプレミス型と同…

グループウェアdesknet's NEOの機能そのまま!お得な料金で導入

1:サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に2:乗り換えよりもお得!desknet's NEOの機能が1ユーザー月150円で3:グ…

製造業なら当たり前 備えておくべき情報プラットフォームの条件

多くの製造業は、新興国に拠点を設けて事業拡大をしてきたが、急激な経済成長に伴い、事業を支える情報基盤に求められる要件も大きく変化してきている。国内外問わず拠点展…

目の当たりにして驚く仮想基盤の大いなる無駄と運用最適化への道

仮想化基盤のパフォーマンス管理を経験と勘に委ねるばかりでは、リソースの無駄使いやリソース不足状態を見過ごしてしまう懸念がある。そこで仮想化基盤の運用支援サービス…

情シスが手間なくクラウド移行を実現するには? マネージドサービスの実力とは

インフラの運用管理は障害対応など意外と時間を取られるが、いざインフラ移行となれば大仕事となる。そのためインフラに不満があっても現状で我慢し続ける情シスも多いが、…

ツールに振り回されず、ITサービスデスク業務を効率改善!

過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は?「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」という経験があるなら今こそ再検討するタイミ…

レガシーなシステムと最新アプリケーションが同居できる「夢のインフラ」

俊敏性の高い次世代アプリケーションと効率性を重視した従来型アプリケーションが並立する現在、その両方に最適なサービスを提供できる共通インフラとして期待されているの…

低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ

バックアップサイトを設けて広域災害に備える災害復旧(DR)環境は、自治体においても重要視されているが、限られたIT予算の中で実現するのはなかなか難しい。そこで、…

デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣

レプリケーションというと、単にデータベースを複製することと考えている人も少なくないだろう。しかし、どんなレプリケーションをどう導入するかで、ビジネスの継続性やパ…

宣伝広告を「うるさい!」と思われないためには? 消費者アンケート結果を発表

消費者が商品認知から関心、検討、購買へ至る過程で、企業のWebサイトやSNSなどデジタルメディアの影響度が増している。消費行動における意識調査の結果から、今後の…

30分で理解! ID連携を始める前に知っておきたい基礎知識

近年、コンシューマー向けアプリを中心に、SNSなどのサービスと連携したID認証が定着しつつある。このようなシングルサインオンの仕組みを自社内認証などに導入する際…

アプリ開発の新しい武器「Windows 10 UWP」を初歩から一気に把握

アプリケーション開発者にとって重要な、アプリ実行基盤や開発環境の選択。多種多様な端末に対応させたいが、既存のノウハウや資産も活用したい。クロスプラットフォーム開…

情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策

企業の日々の活動の中で生まれるデータは、攻撃者にとっては宝の山だ。狙われる企業データをいかに守るか。そこで重要になるのがデータセキュリティの取り組みだ。その重要…

【サービス比較】主要オンラインストレージのおすすめポイント

クラウドのデータ保管場所として広く普及する「オンラインストレージ」。ビジネスで使うにはセキュリティや運用管理が非常に重要だ。ビジネス用途の最適なオンラインストレ…

Office 365移行に立ちはだかる“Notesの壁”――赤木乳業の挑戦

われわれは小さい会社だから、全社でスピード経営を目指している――。そんな思いからグループウェアのクラウド化に踏み切った老舗アイスメーカーの赤城乳業。導入後の効果…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027794


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ