IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > VDI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/11/30
更新日:2016/02/04


VDIの標的型攻撃対策、検知・隔離・駆除を一貫して実現するには

情報漏洩対策としてVDI(デスクトップ仮想化)を導入する企業が増えている。サーバー側に情報が集約されるVDIは、確かにPCの紛失などによる情報漏洩には強力な対策となるものだ。しかし、VDIにしてしまえばそれですべて安全というわけではない。

今、多くの情報システム担当者の頭を悩ませているのは、標的型攻撃への対策ではないだろうか。ウイルスやマルウェアの対策、その中でも未知の脅威については、相応の対策を仮想マシンそれぞれに施す必要がある。今回の記事では、VDI環境における標的型攻撃対策について、「検知・隔離・駆除」の3つの要素をもとに、一貫した手法から運用イメージまでを具体的に解説したい。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「JP1 + Deep Discovery Inspector + VMware NSX/VDIの標的型攻撃対策、検知・隔離・駆除を一貫して実現するには」 (全文)では、「JP1 + Deep Discovery Inspector + VMware NSX」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「JP1 + Deep Discovery Inspector + VMware NSX」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立製作所 トレンドマイクロ株式会社 ヴイエムウェア株式会社


掲載企業 ヴイエムウェア株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027688


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ