運用初期には気付かない?仮想環境バックアップの“落とし穴”

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/10/27

1年後に困らないための、仮想環境バックアップ運用のポイント
 サーバー仮想化の本格的な普及とともに、仮想環境のバックアップについて「どうすればよいのか分からない…」と不安視する声もそれほど聞かれなくなった。しかし、実際は単に“従来の物理環境のバックアップの仕組みを仮想環境に対しても使い続けているケース”が少なくない。例えば、仮想マシンごとにバック アップツールのエージェントをインストールして個別にバックアップする、仮想マシンを手動でエクスポートする、といった運用方法だ。

 それでも、仮想環境自体の運用開始から日が浅ければそれほど負担も大きくならないため、「問題なくバックアップ運用できている」と誤解しがち。加えて、システム規模やデータ量が増大してバックアップ運用が困難になるまで問題に気付きにくいので、余計に始末が悪い。バックアップの目的は物理も仮想も同じ。とはいえ、従来の物理環境で利用してきた仕組みをそのまま当てはめようとしても無理が生じてしまう──その理由及び仮想環境ならではのバックアップ運用のポイントについて、以下で解説する。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「運用初期には気付かない?仮想環境バックアップの“落とし穴”/1年後に困らないための、仮想環境バックアップ運用のポイント」 (全文)では、「運用初期には気付かない?仮想環境バックアップの“落とし穴”」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「運用初期には気付かない?仮想環境バックアップの“落とし穴”」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?!

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する

デジタルマーケティングの世界では、顧客理解を深める手法やツールも登場し、次世代マーケティング施策の核として存在感を増している。日本企業のデジタルマーケティングの…

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

普及し始めたWindowsモバイル。管理面でも利用面でも充実したその機能とは?

モバイルデバイスにも普及し始めたWindows 10。業務での活用を進める上で懸念されるのがデバイス管理だ。そこで「モバイルデバイスとしてのWindows」のガ…

社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術

社内ITインフラのクラウド化を進めたものの、思うように運用効率やサービス提供が改善されないケースが少なからず見られる。このような課題を抱える企業は、クラウドサー…

スマホ情報共有だと“伝わらない”のはなぜ? 3事例に学ぶ課題解決のコツ

スマートフォンを使った情報共有を進めたものの、情報量ばかりが増え、「知っておいて欲しいことが伝わらない」という状況に陥っている企業は多い。そこで注目したいのが“…

Excelで分析…企業が今取り組むべき集計レポーティングの自動化

データ集計やレポーティングに広く利用されているExcelだが「データ量が増えると時間がかかる」などの問題も。そこでExcel分析の限界を突破した事例を紹介。集計…

IoT技術で現場の事故発生を迅速把握――人の目に変わるIoTの活用とは

製造業の現場では、今、安全管理の在り方が根本から変わろうとしている。労働災害事故の原因として多い「転倒・転落事故」の把握と対応に活用されるIoT技術を例に、その…

“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?

マーケティング活動においてカスタマーエクスペリエンス最大化の大きな壁となるのが“顔の見えない顧客”の存在だ。 捉えることができなかった顧客に対し、パーソナライズ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027683


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ