システム共通基盤の導入で、自社の企業競争力を具現化せよ

IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > BPM > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/11/16
更新日:2016/01/20


そこはIT化できません!と断らず、競争力へと転換できる情シスへ
これまで企業では、業務効率化やコスト削減の手段としてITを活用するケースが多かった。しかし、昨今では企業競争力を高めるためのITなどと言われることが増えている。極端に言えば、ITで業務効率化やコスト削減を図ることができるのは当然であり、皆と同じように取り組めば容易に実現可能なことだったかもしれない。ただ、「自社の競争力とは何か」を考えると、企業によってかたちは様々であり、各々の業務において積み重ねられてきた努力と工夫の結晶にほかならない。

そのため、具現化することは困難なものだが、若干角度を変えて考えてみると、少しは明瞭になってくる。情報システム部門の方々であれば「ここはIT化(システム化)できません」と断った、あるいは業務部門の方であれば断られたという部分に心当たりはないだろうか。実は、多くの場合、そうしたIT化できない業務プロセスにこそ、企業競争力を支えている要素が含まれているものと言える。例えば、顧客や取引先など、外部とのやりとりの部分が顕著ではないだろうか。そこをどうにかIT化し、更には自動化まで図れれば、ビジネスの効率化やスピード化を大きく推進できるはずだ。

では、そうした困難な壁を乗り越え、真の意味で“企業競争力を高めるためのIT”を実現するために、情報システム部門は、そして、企業はどうすればいいのか?
様々な業種の4社の事例を見ながら考えてみよう。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「システム共通基盤の導入で、自社の企業競争力を具現化せよ/そこはIT化できません!と断らず、競争力へと転換できる情シスへ」 (全文)では、「システム共通基盤の導入で、自社の企業競争力を具現化せよ」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「システム共通基盤の導入で、自社の企業競争力を具現化せよ」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BPM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BPM」関連情報をランダムに表示しています。

「BPM」関連の製品

約3万5000時間の事務時間を削減、太陽生命の保険申請・査定自動化プロジェクト 【日本アイ・ビー・エム】 業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」 【セゾン情報システムズ】 数理計画モデリングツール 「Xpress」 【MSI】
BPM BPM BPM
約3万5000時間の事務時間を削減、太陽生命の保険申請・査定自動化プロジェクト 業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。 数理計画・最適化ソフトウェアの分野に強みを持つモデリングソルバー。強力なソルバーとその実行環境を提供、最適化アプリケーションモデリングと意思決定の迅速化を支援。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート


掲載企業 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する?

ランサムウェア「WannaCry」では、国家が開発した攻撃ツールが悪用されたとみられている。高度化、複雑化する脅威の拡大を防ぐために、企業が取り得る対策とは。

せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理…

本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方

クラウドアプリケーションを導入するなら、必ずセキュリティの担保を考慮しなければならない。アクセス管理、パフォーマンス、データ保護、許可・未許可アプリの把握など、…

実録! 肥大化ファイルサーバのお引越。某社がスリム化できた理由

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

セキュリティ担当者がWebプロキシソリューションの導入を検討するとき、誤解があったり逆効果になっていたりする場合がある。そこでWebプロキシの仕組みや、次世代フ…

ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説

複雑化しがちなデータセンターをシンプル化し、運用・保守を楽にしたいというのは多くの管理者に共通する願いだろう。本資料では、ラックマウントサーバに、ハイパーコンバ…

動画で解説:マッピング+さまざまな条件を視覚化&分析し、立地選定に活用!

地理空間分析は、新店舗の出店先や公共交通機関の利用調査など、ビジネスのあらゆる場面で活用されている。しかし、ただ視覚化するだけでは、データの隠れた関係性を明らか…

大量のトラフィックでサービス継続が困難に…脅威からどう守る?

Webの仕組みに依存した企業の公式サイトやスマートフォンアプリは今や、ビジネスの生命線だ。脆弱性を突く不正アクセスやDDoS攻撃などの脅威から、Webをどう保護…

「ひとまず保存」がリスクを生む 散在するデータをどう活用するか?

企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。

Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み

名刺をデジタル化し、顧客管理などに利用している企業や個人は多いだろう。しかし、営業活動やマーケティングなどで、より大きな効果を生み出すためには、名刺データをクラ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027656


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ