プライベートCA Gleas


JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ

Keyノート

  • 基本情報
  • プライベートCA Gleasの特長
  • プライベートCA Gleasのスペック

プライベートCA Gleas

掲載日:2015/11/09
更新日:2016/01/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
リモートアクセスVPN/WiFi接続、Webアプリ、シングルサインオンなど、様々な用途に厳密かつ手軽な認証環境を実現したい企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 クライアント証明書による認証強化を容易に実現するための認証局製品。電子証明書の管理を高い操作性で実現できる。AppleのMDMやUSBトークンにも対応。
価格情報 最小構成モデル:156万円(200証明書ライセンス・導入費用含む)
※税別
サポートエリア 全国


特長


認証局

Windows/MacからAndroid/iOSまで、“安全な利用”を手軽な運用で


プライベートCA Gleas(グレアス)は、電子証明書や認証デバイス(USBトークン)の効率的な管理・運用に必要な機能を豊富に備え、PKIに関する深い知識がなくても利用可能なハードウェア一体提供の認証局パッケージ製品だ。

3つのインターフェースで柔軟な管理・運用を実現
エンドユーザ向けのユーザ申込局(UA)、管理者向けの登録局(RA)、発行局 (IA)という3種類のインターフェースを用いた管理を採用。UAでは分かりやすいグラフィカルな画面上でユーザ自身による証明書発行申請や発行された証明書のインポートを行えるほか、RA・IAについては個別に管理者を立てる運用も可能。管理者の負担を軽減しつつ、柔軟な管理・運用を実現できる。

充実したアカウント管理
証明書発行対象(ユーザ、コンピュータ、下位認証局など)を「アカウント」として統一管理し、そのアカウントに対し電子証明書を発行する。アカウントは用途に応じたグループでの分類・管理が可能で、所属できるグループ数には制限がないため、複雑な構造の組織にも対応できる。CSVファイルや LDAP/Active Directoryからのインポートによるユーザアカウントの一括登録も行える。また既存のID管理システムやSCEPをサポートする外部システムと連携しての証明書管理も可能。

柔軟な証明書配布と強力なテンプレート機能
証明書の発行は、個別発行と一括発行に対応。認証デバイスへの証明書の書き込みは、ユーザ申込局や管理者向け画面からダイレクトに行える。更に、証明書が複数の端末にインポートされるのを防ぐPC用のインポートワンス機能、iOSの設定情報をまとめた構成プロファイルへの対応など、各デバイスの特性に応じた機能も充実。また、証明書プロファイル(グループ名、有効期間などの内容及びポリシー)を「テンプレート」で管理する仕組みにより、グループごとに異なるプロファイルでの証明書発行、あるいは管理の自動化なども容易に実現できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 プライベートCA Gleas
メーカー JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ
寸法 435(幅)×750(奥行)×44(高さ)mm
質量 16.8kg
電源 100-120V(50/60 Hz)
※電源ユニットは標準で冗長構成
筐体タイプ 1Uラックマウント型
(IaaS/PaaSでの提供もあり)
プロセッサ x86 CPU
メモリ容量 2GB〜
内蔵HDD SAS HDD2本(RAID1)
その他ドライブ -
認証機能 クライアント(ユーザ・デバイス)証明書
 Web認証(Apache/IISなど)
 SSL-VPN/IPsec認証
 WiFi認証(802.1x EAP-TLS)
 スマートカードログオン など
サーバ証明書
証明書失効リスト(CRL)
外部LDAP/AD連携
LANインターフェース 1000BASE-T
その他インターフェース -
OS Linux
その他特記事項 カスタマイズにも柔軟に対応可能。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ
住所:東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル7F
TEL:03-5615-1020
FAX:03-5604-1563


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027639


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ