クラウド型ITサービスマネジメントソリューション「ServiceNow」

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > 統合運用管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/09/16


ServiceNow Japan

85万アイテム管理を2人で実装!インストール不要のシステムとは
企業のITコストの大半は、システム運用に占められているのが現状。自社システムのサーバーやネットワークの構成情報を可視化し、インシデント管理などのIT運用業務を自動化した米国の日用品大手グローバル企業が活用したシステムとは…?

米国の日用品大手グローバル企業Kimberly-Clarkは、運用業務の自動化や相互連携がなされていないため、業務効率化や適切なIT運用コスト算出のための根拠が可視化できないという課題を持っていました。

そこで、同社は、ITサービスマネジメントのベストプラクティス「ITIL」をベースにした月額課金型のクラウドサービスを活用し、IT運用業務の自動化・効率化に成功。「ソフトウェアのインストール不要」「少ないリソースで全世界のシステムをスキャン可能」といった導入メリットを享受できたそのツールとは…?

IT運用業務を効率化し、運用コストの最適化に応えたいと考える情シス部門のIT担当者は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

≫続きは資料にて



※拡大版はPDFでご確認下さい。

こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ServiceNow Japan株式会社


掲載企業 ServiceNow Japan株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027507


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ