Usolia貿易業システム(VPort)


内田洋行ITソリューションズ

Keyノート

  • 基本情報
  • Usolia貿易業システム(VPort)の特長
  • Usolia貿易業システム(VPort)のスペック

Usolia貿易業システム(VPort)

掲載日:2015/10/09
更新日:2016/02/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
煩雑な業務をシステム化により効率化したい貿易業の企業。ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理などが課題の企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 煩雑な貿易業務を管理するパッケージ。ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理への柔軟な対応に加え、資金繰りを強力にサポートする債権債務管理機能を搭載。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


貿易業

顧客満足度の向上をもサポートする貿易業務システム


Usolia貿易業システム(VPort)は、ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理への柔軟な対応に加え、資金繰りを強力にサポートする債権債務管理機能を搭載した貿易管理ソフトウェアだ。

煩雑なドキュメント作成の効率化を促進
ドキュメントはPDF、テキスト、RTF、Excel出力による二次加工に対応。契約、発注業務を効率化するメールソフト連携、ドキュメントの項目ごとの印字有無設定など利便性の高い機能を搭載。ユーザ自身による項目名変更、システム標準以外の定型書類のフォーマット作成などが可能。

各社固有の経費按分処理に柔軟に対応する「利益を生む原価管理」
契約条件ではFOBやCIF、書類ではB/L(船荷証券)やINVOICE等、様々な形式に対応。輸出ではINVOICE単位での粗利算出が、また輸入ではきめ細やかな原価計算ロジックで商品単位のコスト算出を行う。商品ごとの関税率や発生費用の設定が可能、また、諸掛経費の通関単位での振り分け基準設定、課税、非課税設定、取引先請求にも対応。発注の分割入荷、複数同時入荷などの煩雑な入荷処理を簡素化する。

企業体質の強化を推進する様々な機能
債権債務管理を徹底することで資金繰りを強力にサポート。状況問い合わせと残高把握、予定と確定による確実な決済、仕入・支払・売上・入金の為替差損益の自動算出、基幹業務への連携などを実現。T/T決済は銀行とのEB連携にも対応。

基幹業務から派生した業務アプリケーション
基幹業務連携を前提とした開発思想により、主要マスタを含めたシームレスな連携や直接参照を実現。様々な電子データ取引を想定したEDIの入出力口も用意されている。

貿易業務のコンプライアンスを実現
オペレータごと、端末ごとのログ管理、電子フォームを使ったワークフロー認証オプションとの連動、債権・債務管理データの基幹システム連携など、IT統制を支援する様々な機能を搭載している。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Usolia貿易業システム(VPort)
メーカー 内田洋行ITソリューションズ
クライアント側OS Windows Vista Business
Windows 7 Professional(32bit)
クライアント側対応プロセッサ インテルCore2Duo 以上推奨
クライアント側必要メモリ容量 512MB必須 1GB以上推奨
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2008 R2
サーバ側対応プロセッサ デュアルコア インテルXeonプロセッサー以上推奨
サーバ側必要メモリ容量 1GB必須(2GB以上推奨)
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 CD-ROM:必須
退避装置:外部媒体推奨
無停電電源装置:必須
データベース:Oracle 11g
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社内田洋行ITソリューションズ
部署名:マーケティング推進本部
住所:東京都港区新橋6-1-11 Daiwa御成門ビル
TEL:03-5777-5315
FAX:03-5777-6620
e-mail:its_info@uchida-it.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027499


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ