IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > SAN > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/09/30
更新日:2015/11/18


東京エレクトロン デバイス

フラッシュアレイの管理に疲れた情シスを、クラウドの力で救出。
システム管理者の手を煩わせる、ストレージのモニタリングや管理。そうした運用をシンプルに行うことのできるクラウドベースの単一管理プラットフォームが登場。どう運用管理をシンプル化し自由度を高めてくれるのかを解説。

ITシステムのデータの増大にともない、ストレージの管理は複雑化しており、その運用負荷やコストも膨らみがちです。
従来型の管理モデルでは厳しいと感じている情シス・IT管理者の方は少なくないでしょう。根本的な解決を図るためにはストレージ管理ソフトを変えるだけではなく、管理方法そのものや、受けられるサポート体制を変えていく必要があります。

フラッシュ・ストレージに大きな強みを持つピュア・ストレージ社では、フラッシュアレイストレージの管理を、運用負荷、コストを抑えて行うことが可能なサービスを用意。
例えば問題が表面化して予防保守が必要だとサポート担当者が判断した場合、サポート側から積極的に連絡をもらうことができ、リモートでの修復実行スケジュールを設定してくれます。

他にも様々な仕組みやメリットがあり、情シス・IT担当者のストレージ管理に役に立つ各種特徴を資料内で詳しく紹介します。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 東京エレクトロン デバイス株式会社


掲載企業 東京エレクトロン デバイス株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する?

ランサムウェア「WannaCry」では、国家が開発した攻撃ツールが悪用されたとみられている。高度化、複雑化する脅威の拡大を防ぐために、企業が取り得る対策とは。

BIツールを導入したのに使ってない……そんな事態を避けるための4つのポイント

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理…

本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方

クラウドアプリケーションを導入するなら、必ずセキュリティの担保を考慮しなければならない。アクセス管理、パフォーマンス、データ保護、許可・未許可アプリの把握など、…

実録:老朽化したファイルサーバの交換、容量1TBの移行を1カ月で達成

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

セキュリティ担当者がWebプロキシソリューションの導入を検討するとき、誤解があったり逆効果になっていたりする場合がある。そこでWebプロキシの仕組みや、次世代フ…

Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み

名刺をデジタル化し、顧客管理などに利用している企業や個人は多いだろう。しかし、営業活動やマーケティングなどで、より大きな効果を生み出すためには、名刺データをクラ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027492


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ