IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > SAN > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/09/30
更新日:2015/11/19


東京エレクトロン デバイス

VDIの性能改善◆企業で採用されるオールフラッシュの条件とは
フラッシュはシステム高速化はもちろん、コスト削減にも有効と目されています。しかしストレージの変革において注目すべきはその性能だけではありません。早いのは当たり前。企業の運用環境で採用されるには“ワケ”があるのです。

VDI利用環境のパフォーマンス改善、ビジネスにおけるリアルタイム分析の活用、データベースやアプリケーションの高速化、更にはIT投資の最適化など…、現在のITやビジネスにおける様々な課題を解決するためには“ストレージを変える”ことが早道と言われています。

その有効な手段としては、やはりフラッシュストレージが筆頭に挙げられるでしょう。中でもコストパフォーマンスやシンプルな管理性、そして何より、フラッシュソフトウェア/ハードウェアの一体化によって開発された革新的な技術によって、大きな注目を集めているのが、ピュア・ストレージのオールフラッシュアレイ製品です。

わずか3Uのサイズで最大120TBまで拡張可能であり、5〜10倍のデータ削減、パフォーマンスの劣化なく無停止運用などを実現をはじめとするピュア・ストレージFlashArray//mを裏付ける数々のテクノロジーを詳しく解説!





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 東京エレクトロン デバイス株式会社


掲載企業 東京エレクトロン デバイス株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027491


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ