モバイルファイル共有ソリューション 「Acronis Access Advanced」


モバイルファイル共有ソリューション
「Acronis Access Advanced」


アクロニス・ジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • モバイルファイル共有ソリューション 「Acronis Access Advanced」の特長
  • モバイルファイル共有ソリューション 「Acronis Access Advanced」のスペック

モバイルファイル共有ソリューション<br>「Acronis Access Advanced」

掲載日:2015/10/01


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
既存のファイルサーバで、クラウドストレージのようなモバイルファイルアクセス、ファイル同期・共有を実現したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 企業の様々なモバイルファイル共有ニーズに対応したオンプレミス モバイルファイル共有ソリューション。
価格情報 8500円/1ID〜
※税別
サポートエリア 全国


特長


ファイル共有

既存のファイルサーバが使える!モバイルファイル共有の新方式!


クラウドストレージでできることを既存ファイルサーバで実現!
「Acronis Access Advanced」の最大の特長は、ニーズが高まるモバイルファイル共有に既存のファイルサーバがそのまま使えること。いつもの社内ファイルサーバを活用できるので、データを外へ持ち出すことがなく、セキュアなファイル共有を実現。オンプレミスの環境で管理・制御ができ、ユーザはいつものファイル権限でアクセスし、PCで操作しているように、モバイルからでも自由にファイルを共有することができる。

Active Directoryによる認証、ファイル権限もそのまま使える!
「Acronis Access Advanced」では、Active Directoryとファイルサーバで設定された既存のファイルアクセス権限をそのまま継承するため、新たなアクセス権限の設定が不要。管理者のユーザ設定やアクセス権限管理にかかる負担を最小限にとどめることが可能だ。

充実したセキュリティ機能を装備し、管理負荷が増えることもない!
セキュリティ機能が充実していることも「Acronis Access Advanced」の特長の1つ。部門やユーザによって操作できる内容を細かく制御することが可能で、ユーザがいつファイルを移動したか確認・追跡できる監査ログ機能も装備されている。もちろん、システム管理者は、モバイルアクセスによって、自社のITシステム管理業務を更に効率化できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 モバイルファイル共有ソリューション
「Acronis Access Advanced」
メーカー アクロニス・ジャパン
クライアント側OS iOS 7以降 / Android 2.2以降/
Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1
Mac OS X 10.6.8以降
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2
サーバ側対応プロセッサ Intel/AMD
サーバ側必要メモリ容量 8GB以上を推奨
サーバ側必要ディスク容量 50GB以上を推奨
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 Acronis Accessは、サーバソフトウェアとApp StoreやGoogle Playからダウンロードできる無料のクライアントアプリで構成

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


アクロニス・ジャパン株式会社
住所:〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル5F
e-mail:media_jp@acronis.com


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027456


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ