Anuta NCX


日立システムズ

Keyノート

  • 基本情報
  • Anuta NCXの特長
  • Anuta NCXのスペック

Anuta NCX

掲載日:2015/09/30


企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
社内ネットワークの変更の頻度が多く、作業や管理を簡素化したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ネットワーク環境を可視化し、ポータルサイト上でネットワークの変更作業を可能とするソフトウェア。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


運用効率向上

ネットワークSDN化による変更作業の自動化、運用効率向上を実現


「Anuta NCX」は、ネットワーク機器の構成を統合的に可視化し、管理・制御を実現するSDN管理ソフトウェアだ。これにより、従来手作業で行ってきたネットワーク運用作業に関わる手作業を自動化できる。システム管理者は、ポータル画面から設定を変更するだけで関連するすべてのネットワーク機器に対して自動的に設定を反映でき、大幅な負担軽減を見込むことができる。

既存のネットワーク機器はそのまま利用できる
既存ネットワーク製品、Openflow製品のいずれにも対応しているため、導入にあたり新たにネットワーク機器を入れ替える必要はない。スイッチ、ルーター、ファイアウォール、負荷分散装置などに加え、仮想サーバー上の仮想スイッチ、SDN非対応機器も含め、関連するすべてのネットワーク機器に対して自動的に設定を反映できるようになる。
※SDNを実現するための技術の1つ

可視化によるヒューマンエラーの防止・運用効率の向上
ネットワーク構成図を作成する際の不整合チェック、承認プロセスを経ての設定許可機能なども備えているため、ヒューマンエラーによる事故の抑止効果も期待できる。また、キャパシティの状態や、発生中のトラブルに関する影響範囲を即座に把握することが可能だ。

導入から運用まで、日立システムズが一貫してサポート
導入、運用にあたっては、SDNの豊富な実績を持ち、全国に拠点を展開する日立システムズがきめ細やかなサポートを行っている。Anuta NCXによるネットワークの可視化環境の構築、またポータルサイトの利用方法(運用方法)についての教育なども、併せてサポートしている。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Anuta NCX
メーカー Anuta Networks
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 お問い合わせ下さい。
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


株式会社日立システムズ
部署名:ネットワークセキュリティサービス事業部
住所:東京都品川区大崎1-2-1
TEL:0120-346-401


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027444


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ