CloudSmartGate


メディアマート

Keyノート

  • 基本情報
  • CloudSmartGateの特長
  • CloudSmartGateのスペック

CloudSmartGate

掲載日:2015/09/10


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ユーザの利便性を損なうことなく、スマートデバイスから安全に社内システムやSaaSを使える環境を低コストで構築したい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
スマートデバイスとWebサーバをつなぎ、端末認証・セキュリティ確保を実現する統合認証基盤。クラウド型のため、初期投資は不要で月額課金のみで利用できる。
価格情報 1IDあたり月額300〜500円
※ID数に応じて割引があります
最低利用期間:6ヵ月、最小ID数:30
※税別
サポートエリア 全国


特長


統合認証基盤

新たな機器は何も買わずに導入可能な“クラウド統合認証基盤”


CloudSmartGate」は、スマートデバイスから安全に社内システムやSaaSを使えるようにする“クラウド統合認証基盤”だ。2要素認証に対応し、ID/Passwordだけでなく、スマートデバイスの端末IDによる認証も実施する。内蔵ブラウザはセキュアブラウザで、URL非表示、リンクURLのコピーもできない仕組みで、添付ファイルもブラウザ内のみで展開し、デバイスにファイルを残さない。更に、収容データセンターは国内大手ベンダを採用し、地理的に離れた2拠点で冗長化しているため、安心して利用することができる。

シングルサインオンによりユーザの利便性は大幅に向上
ユーザはスマートデバイス上で専用アプリにログインするだけで、自動的に利用可能なアプリケーションを一覧できるポータル画面が表示される。シングルサインオン対応で、1つのIDですべてのWebシステムへのログインが可能となるため、その後はID/Passwordなどを入力する必要はなく、ボタンを押すだけで各アプリケーションに移動可能だ。

初期投資は基本的に不要で、月額費用のみで利用可能
クラウド上に用意された認証サーバを利用する形態なので、安価に認証環境を構築・利用できる。しかも、課金はID単位なので、会社支給端末とBYOD端末など、2台持ち、3台持ちで利用する際にも追加料金などは必要ない。

社内システムへのアクセスはもちろん、Office 365など各種クラウドサービスにも対応
セッションごとにワンタイムパスワードで保護される内蔵Proxyサービスで、特定のIPアドレスから自社にアクセスできる仕組みを提供。リバースプロキシやファイアウォールに特定のIPからのアクセスを許可する設定をすれば、最小のリスクとコストで社内へのゲートウェイを構築可能だ。更に、Google Apps、Office 365、Salesforceをはじめ、85種類以上のWebアプリを公式サポートしており、様々なクラウドサービスを利用する際のセキュリティ強化・利便性向上にも有効だ。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) CloudSmartGate
サービス提供会社 メディアマート
サービスメニュー(提供可能な製品群) 【クラウド統合認証基盤】
・端末認証機能
・クラウドゲートウェイ
・Proxy機能
・シングルサインオン機能
・SSL通信

【SmartGateアプリ(iOS、Android対応)】
・セキュアブラウザ

【サポート】
・問い合わせ対応
動作環境 iOS、Android
オプションサービス 初期設定代行、リバースプロキシ・社内への接続なども、別途お見積り、構築可能ですので、お問い合わせ下さい。
その他特記事項 2015年8月現在、85種類の製品へのSSOがサポートされています。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


メディアマート株式会社
住所:〒102-0073 東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル8F
TEL:03-3512-0278 (代表)
FAX:03-3512-0274


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027395


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ