IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/09/01
更新日:2015/09/28


ブレインズテクノロジー

なぜ導入を見送ってきた?見逃せない「企業内検索の投資対効果」
インターネットの検索は誰もが活用しているはず。しかし企業内の情報においてはどうでしょう?以前は“十分な効果が生み出せない”という理由から導入を見送る企業も多かったのですが、改めて実際の導入効果を計測すると見逃せない結果が!

Googleに代表されるインターネット上の情報の「検索」は、誰もが活用している便利な仕組みです。しかし、企業内の情報においてはどうでしょう?

企業活動においては多くの文書、データが日々作成されていますが、作成された情報は、必要なタイミングで見つけられ、適切に活用されているでしょうか?

作成した資料が見つからず、同じ資料を再度作成したことや、資料作成後に同じような資料をほかの人が作っていたというようなことは起きていないでしょうか?

情報洪水と言われる現代、業務時間の約3割が情報収集に費やされていると言われますが、インターネット上の情報と同じように企業内の情報を見つけられたら…。

そこで今回は、その解決策の1つとなる企業内検索エンジン(エンタープライズサーチ)に関して、実際に導入した場合の効果をモニタリング。投資対効果や導入効果とともに、導入の壁となる課題認識への対処法についても解説しています!





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ブレインズテクノロジー株式会社


掲載企業 ブレインズテクノロジー株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027375


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ