Grasper


ブレインズテクノロジー

Keyノート

  • 基本情報
  • Grasperの特長
  • Grasperのスペック

Grasper

掲載日:2015/09/01
更新日:2016/08/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ログデータの見える化により、IT運用における障害解析に要する時間・労力の削減、適切な状況把握と情報共有を図りたい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 エージェント/APIによるログデータ収集、インデックス化・アーカイブ保存、高速全文検索、統計データのグラフ化、分析ダッシュボードなどの機能を備えた統合ログ管理基盤。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


ログ一元管理

高速な検索とグラフ化によって価値ある情報をいつでも引き出せる


「Grasper」は、膨大なログデータを一元管理し、高速な検索やグラフ化などにより、“見える化”を実現する統合ログ管理基盤だ。ログデータ/リソースデータをリアルタイムで収集する独自のエージェントを提供しており、各種データを検索・分析可能な形式に構造化・蓄積することが可能。複数のシステムのログを同じタイムラインで一元的に表示することで、複数システムにまたがる障害の切り分け作業なども容易に行えるようになる。

大規模化するログデータを「高速に」「多様な条件で」「横断的に」検索できる
ログデータを一元管理することで、複数のシステムで出力されたログデータに対する横断的な検索・表示を実現。時間帯、特定のホスト名、任意のキーワードなど、様々な条件でデータを検索できるため、システム障害時や稼働分析など、効率的で迅速なログ解析作業が可能となる。日々出力される膨大なログデータに対してもストレスなく処理が可能な、高速な検索性能を実現している。

インタラクティブな分析レポート機能により、レポート作成作業時間を削減
「Grasper」では、蓄積したログデータをもとに任意のグラフを作成し、共有可能なダッシュボード画面を作成できる。エラー件数や特定キーワードの発生件数などのログデータの集計をグラフ化することで、システムの運用状況把握・分析に活用可能だ。作成したダッシュボードは、検索条件によって絞り込むことが可能で、システム全体を俯瞰したグラフ表示から特定システムに絞り込んだグラフ表示へとインタラクティブに切り替えられる。

高いコストパフォーマンスと安心の費用モデルで長く使える
データ収集対象拠点の規模による従量課金はなく、定額のサーバーライセンス形態で提供。これにより、導入企業は継続的に利用する上で高いコストメリットを享受できる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Grasper
メーカー ブレインズテクノロジー
クライアント側OS ブラウザの動作環境に準拠
クライアント側対応プロセッサ ブラウザの動作環境に準拠
クライアント側必要メモリ容量 ブラウザの動作環境に準拠
クライアント側必要ディスク容量 ブラウザの動作環境に準拠
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
・Internet Explorer 10以降
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Safari
サーバ側OS Linux
・Red Hat Enterprise Linux 7以降
・CentOS 7以降
・Ubuntu 14以降 ※すべて64ビット版
サーバ側対応プロセッサ 4コア以上推奨
サーバ側必要メモリ容量 16GB以上推奨
サーバ側必要ディスク容量 収集・蓄積対象のログデータのサイズ、保存期間によって異なります。
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


ブレインズテクノロジー株式会社
住所:〒108-0074 東京都港区高輪3-23-17 品川センタービルディング7F
TEL:03-6455-7023
e-mail:info@brains-tech.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027354


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ