IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > PC > その他PC関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/08/17


JALインフォテック

「PCは安価になったし、自社購入が得だよね」に潜む落とし穴とは
企業のクライアントPCはリース利用が一般的だったが、PCの低価格化が進む昨今、自社購入のほうが得ではないかという考え方も根強い。JALの事例を参考に「企業や組織におけるPCの維持管理も見据えた調達の理想形」について考えてみよう。

「PCは低価格化が進み、1台10万円を切るケースも当たり前に。今やPCは資産ではなくなりつつあり、オフバランスを意図したリース契約を選択する理由も薄れている」

そんな考えも漠然と広がりつつあり、多くの方が気にかけているのは「この判断は本当に正しいのか?」という点では?

つまり、購入という選択肢は一見魅力的だが、管理コストの側面も突き詰めトータルで考えると、自社にとって最適な選択肢とは言えないかもしれないという不安も…。

今回は、そのような漠然とした疑問や不安を抱える方に対し、JALグループにおけるPC調達及び維持管理の実情を紹介。

同グループでは、自社購入ではなく、PCの選定・調達・管理・刷新までをカバーするLCMサービスを利用しているが、なぜなのか?そして、メリットは?

導入の背景や経緯、現状を詳しく知ることで、自社における最適なPC調達は「自社購入か、サービス利用か」を判断する際の有効な材料として役立ててほしい





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社JALインフォテック


掲載企業 株式会社JALインフォテック

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


固定資産管理、他社はどうしてる? 事例で学ぶシステム導入の背景

資産管理システムは、税制改正と各社毎の資産管理業務に対応できるきめ細かさが重要だが、多機能でも使いこなせず、コストが無駄になっているケースは少なくない。そこで、…

待望のBIだったはず。導入後、間もなくリプレースを検討…なぜ?

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

簡単だけで選ぶと落とし穴に…ノンプログラミング開発ツール選び

続々登場するノンプログラミング開発ツールだが、どのツールも「簡単、短期間でシステム開発」と謳い「どれを選べばいいのか…」という人も多いのでは?そこで選び方を徹底…

ECサイトはもっと速くなる――海外向けサービスでも速度と安全を保つには

アジアのEC市場が今爆発的に成長し続けており、EC企業間の競争が激化している。この競争で勝敗を分けるポイントとは?市場動向の解説を交えつつ、デバイスを問わず高い…

なぜこの会社は度重なる組織変更でもOffice 365 をスムーズに導入できるのか

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する?

次世代アプリケーションに俊敏性をもたらすITインフラが求められるようになったが、現場では従来型アプリケーションも必要とされている。新旧のアプリケーションが混在す…

インフラの多様化でさまざまなプラットフォームが混在……どう解消すべきか

企業ITはハイブリッド環境が主流となりつつあり、混在する各種プラットフォームの統合的な管理・運用が大きな命題となっている。その実現には、異なるプラットフォームが…

クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは?

生産性向上とセキュリティ確保。予算も人的リソースも限られる中小企業が、この2つの課題に無理なく取り組むにはどうすればよいのか。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027303


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ