月額料金による不正・異常検知サービス「Managed Cyber Gate」

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/08/18
更新日:2015/10/13


標的型攻撃・内部情報漏洩対策を月額料金で短期導入するには?


ますます巧妙化するサイバー攻撃。世間を揺るがす情報漏洩事件も多発する中、ファイアウォール、IPS、マルウェア検知ソフト、スパム対策ソフトなどのセキュリティツールを導入し、対策を行う企業が増えている。しかし、最早ツールを導入すれば万全と言い切れるような状況でないことは周知の事実。

そのような状況に対応すべく、最近では、CERT(Computer Emergency Response Team)やCSIRT(Computer Security Incident Response Team)と呼ばれるセキュリティ対策チームの組織化、あるいは、SOC(Security Operation Center)という、セキュリティ監視体制整備の必要性が叫ばれるようになっている。

大手企業を中心に取り組みが進んでいるのだが、問題は「コスト」と「人材」。資金のある大手企業であれば、CERTやCSIRTを組織化し、SOCを構築する予算もエンジニアも比較的容易に準備できるであろうが、すべての企業が潤沢な予算と人材を持っているわけではない。

そこで、SOCによって強化される標的型攻撃・内部情報漏洩対策を、月額料金で短期導入できる便利なサービスをご紹介しよう。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「月額料金による不正・異常検知サービス「Managed Cyber Gate」/標的型攻撃・内部情報漏洩対策を月額料金で短期導入するには?」 (全文)では、「月額料金による不正・異常検知サービス「Managed Cyber Gate」」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「月額料金による不正・異常検知サービス「Managed Cyber Gate」」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

FortiMail 【図研ネットウエイブ】 SSL特化で暗号処理も安全性も向上 SSL Visibility Appliance 【マクニカネットワークス株式会社】 シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。 安心と思ったSSL暗号化は攻撃者も使ってくる、既に悪用は過半数 最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 エヌシーアイ株式会社


掲載企業 エヌシーアイ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授

多くの企業でBCM(事業継続マネジメント)が策定されているが、一貫性のある統合されたプログラムにまで高度化させている企業は少ない。BCMの実効性を高め、多角的な…

運用管理の見直しに役立つ「マネージドサービス」IDC調査資料

多くの企業が従来のITマネージドサービスに、クラウドあるいはハイブリッドクラウドへの対応を組み込んでいくことを望んでいる。こうしたニーズに対応するサービスの条件…

日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択

小売業者のドン・キホーテの課題は、複雑化したバックアップ環境の運用に掛かる手間とコストだった。そこで、全ての物理環境のバックアップを統合した結果、パフォーマンス…

オールフラッシュは、DB環境にこそふさわしい。その理由とは……

データベース(DB)環境ではボトルネックとなりやすいストレージだが、DBに適したオールフラッシュ製品などが登場し、I/O性能の大幅な向上が可能となった。Orac…

オールフラッシュストレージがぐっと身近に! 本当に"使える"のはどれ?

大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルのフラッシュストレージでも有用なのか?検証済み構成で、導入から運用までを一括して頼める…

バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例

巨大なシステム基盤を擁するYahoo! JAPANは、Oracleデータベース基盤のバックアップ、災害対策の遠隔レプリケーションの長時間化に課題を感じ、重複排除…

IoT、ビッグデータ……次世代デジタルデータ分析に必要なストレージ条件とは

データ活用は、現状分析はもちろん、最新データを使いさまざまな予測を行うことも求められ、さらに新ビジネス創出の中心的役割を担うことまで期待されている。こうしたニー…

「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル

Windows 10における新たなサービスモデル「Windows as a Service」。アップグレードスケジュールや更新プログラム適用は変わるのか、変わら…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027301


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ