デルのソフトウェア定義型ストレージ(SDS)

IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > その他ストレージ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2015/07/02
更新日:2015/07/23


デル

次世代ストレージはソフトウェア定義型か? IDCによる調査資料
従来IT部門が調達してきたストレージは、ハードウェア定義型。しかし急速なデータの増加を受けて、より俊敏性とスケーラビリティに優れ投資負担の少ないインフラストラクチャを採用する必要に迫られている。そこで、解決策をIDCが調査。

多くの企業で「情報」がすべてのビジネスの意思決定の中心にある今、ストレージ/データ管理プラットフォームがインフラストラクチャの中核を成す存在となっています。営業/マーケティング、エンジニアリングなどのユーザ部門がクラウド、SNS、モバイルなどを活用し、急速に情報(データ)が増加している昨今、より頑健なITインフラストラクチャが待ち望まれていると言っても過言ではないでしょう。

では、次世代のビジネス環境には、どのようなストレージが最適なのでしょうか?本資料は、IDCが「ソフトウェア定義型ストレージ(SDS)」のIT部門にもたらすメリットを調査・評価したホワイトペーパー。従来のハードウェア定義型との違いは…?是非参考にしてみて下さい。

<資料内容>
・ソフトウェア定義型ストレージとは何か?
・ソフトウェア定義型ストレージのメリット
デルのSDSのビジョンとポートフォリオ など

<詳細は資料にて>



※拡大版はPDFでご確認下さい。

こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 デル株式会社


掲載企業 デル株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027179


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ