イマドキのBIツールに必要な5つの条件とは?

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > BI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/07/02
更新日:2015/09/01


データ分析から最大限のメリットを得るための5つの条件とは?

ビジネスを取り巻く環境は、日々激しく変化しているが、そんな中で的確な意志決定を行うためには、経験や勘に頼るのではなく、データに基づいた根拠のある判断が必要になる。

そこで、多くの企業がこれまで社内で蓄積してきた情報を活用するべく、BIツールの導入を進めている。しかしながら、活用には高度なITスキルが必要で、エンドユーザが使いこなせない」「思うような分析ができない」「分かりやすいレポートが作れない」などの理由から、せっかく導入したBIツールが宝の持ち腐れになっている企業も多い。 

また、「BIツールは高い、難しい」というイメージから、導入を見合わせている企業も少なくない。しかし、これも将来のことを考えるとどうだろうか。今やビッグデータの時代、これからは以前とは比較にならないほど多くのデータを扱い、分析・加工することが求められる。

様々な問題が山積する中、イマドキのBIツールに必要な“5つの条件”とは?

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「イマドキのBIツールに必要な5つの条件とは?/データ分析から最大限のメリットを得るための5つの条件とは?」 (全文)では、「イマドキのBIツールに必要な5つの条件とは?」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「イマドキのBIツールに必要な5つの条件とは?」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 Excelとは違う次元でデータを可視化 視覚的にデータを深堀できるBIツール マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社システムコンシェルジュ


掲載企業 株式会社システムコンシェルジュ アクチュエイトジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027112


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ