青い森クラウドベース データセンター


青い森クラウドベース データセンター


青い森クラウドベース

Keyノート

  • 基本情報
  • 青い森クラウドベース データセンターの特長
  • 青い森クラウドベース データセンターのスペック

青い森クラウドベース データセンター

掲載日:2015/06/01
更新日:2015/07/15


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
省エネに配慮したデータ運用をしたい企業。
震災などの脅威に備えつつ、コストを抑えながらデータセンターを利用したい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
外気冷房+雪氷+そのほか最新の高効率技術でPUE1.2以下を実現した超省エネ型データセンター。ハード面・ソフト面において堅牢な環境下でのデータ運用を可能としている。
価格情報 お問い合わせ下さい。
サポートエリア 全国


特長


IT省エネ

自然災害に強い、超省エネルギー型データセンター


青い森クラウドベース データセンターは、自然災害リスクが非常に低く、冷涼な気候にも恵まれた青森県にあるデータセンター。企業の危機管理対策を支援するとともに、圧倒的に優れた省エネ環境でのデータ運用を可能とする。  

●自然災害リスクが総じて低い青森県
所在地は2042年までに震度6弱以上の地震が発生する確率が3〜6%(首都圏は26%〜)※ と低く、落雷や台風の来訪も少ない青森県六ケ所村。交通アクセスは東京から新幹線や飛行機で最短50分と、万が一の際も素早く駆けつけることができる。
※地震調査研究推進本部調べ

●エアコン不要! 雪水の活用でPUE1.2クラスの省エネを実現
最新鋭の雪氷冷房対応空調ユニットを採用することで、IT機器以外の部分にかかる空調や熱源、照明などの消費電力を最大80%削減。PUE1.2以下※ を実現した。究極のグリーンITを実現できるデータセンターとして、企業の省エネ戦略を支援する。  
※データセンター全体の消費電力をサーバーなどIT機器の消費電力で割った値

●最新のIT機器にも対応! 高規格なエクストリームデータセンター
ラックあたりの提供電力は実効平均4kVA〜15kVAを準備し、電力にまつわる悩みを解決。また、ハード面にもこだわっており、新耐震基準準拠+免震システムの採用に加え、耐荷重2.0トン、80ラック単位で増設可能なモジュラー設計を実現。JDCC Tier3以上に準拠するなど、日進月歩の技術革新にも柔軟に対応できる環境を用意した。更に、「一棟貸し」も可能なので、自社のデータセンターとしての独立運用管理にも対応している。  




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) 青い森クラウドベース データセンター
サービス提供会社 青い森クラウドベース
サービスメニュー(提供可能な製品群) ■ハウジングサービス:
42U 1/1ラック、1/2ラック、1/4ラック、定格 6kVA〜
■ホスティングサービス
■バックアップサービス
■プライベートクラウドサービス
■回線サービス:
インターネット、VPNなど
動作環境 -
オプションサービス ■有料・個別見積サービス
機器設置・移設・配線、機器配送・廃棄、コマンド操作などの論理作業、代替機レンタル、バックアップ
その他特記事項 -

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


青い森クラウドベース株式会社
住所:〒036-8051 青森県弘前市大字宮川3-5-2


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10027024


IT・IT製品TOP > データセンター > ハウジング > ハウジングの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ