【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase

IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > サーバー > データベースソフト > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/05/27

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase
グループウェア製品のベンダなどが、サポート切れなどにともなう“Notesマイグレーション”を熱心に売り込んでいたのは、少し前のこと。しかし、その際にすべての企業がNotesからの脱却を果たしたかというと、必ずしもそうではない。Notesを好きで使い続けている企業はもちろんのこと、様々な理由から“やむなく”使い続けざるをえないという企業も少なくないのだ。

Notesを丸ごと移行させる受け皿としては、メールやスケジューラ、ポータルなどの機能を備えたグループウェアが有力候補とされてきたが、問題はやはりNotesアプリ(Notes DB)の処遇だ。業務に必要な情報共有のシステムや、社内のワークフローをNotes上で実現しているケースも少なくない。それらをどう移し替えるかは移行の際の大きな課題となる。実際、「移行先の製品でもアプリ開発は可能だが、手間やコストが思った以上に必要」「独自アプリの作成はできず、標準機能での対応となるので、それに業務を合わせなければならない」といった理由から、結局、すべてのNotesアプリの移行は困難で一部を残さざるをえず、全面移行までには至らなかったという企業も多い。

そうした観点では、Notesの移行先として注目すべきは、グループウェア製品同士の比較ではなく、Notesアプリとワークフローを移行できるソフトを最優先で探すべきである。なぜなら、Notesが担ってきた役割のうちメールやスケジューラに関しては、Google Appsなどのシンプルで安価なクラウドに任せるという手があるからだ。

このNotesアプリとワークフローを一度に置き換えられ、しかも専門知識やスキルが一切不要で、運用の負担を大幅に軽減できるソフトがあるとしたら、まさしく渡りに舟ではないだろうか?


会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase/Notes移行の理想の地はあるか?カギは業務アプリとワークフロー」 (全文)では、「【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト
ノンプログラミングで業務DBを構築 担当者不在でも漏れのない対応を実現 事例で分かるメリット:社内全てのAccessを新システムへ移行で何が変わるのか? 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ジャストシステム


掲載企業 株式会社ジャストシステム

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


BIツールを導入したのに使ってない……そんな事態を避けるための4つのポイント

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙における…

HCIの課題、バックアップで管理負荷が増大する……悩みを解決する方法とは?

サーバやストレージを統合したHCIへの注目度が高まっている。そこで見落とされがちなのがHCIのバックアップだ。中小企業の“ひとり情シス”が考えるべきこととは。

「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術

オンプレミスでありながら、パブリッククラウドのような柔軟性や拡張性をもたらす「ハイパーコンバージドインフラ」。しかし、その特徴はまだ十分に周知されていない。そこ…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由

次世代ファイアウォールには、オールインワンで管理が簡単というメリットがあるが、古くから知られているある種の攻撃はすり抜けてしまう。より確実に侵入を防ぐためには、…

TCO大幅削減を狙うには? 自社に合ったハイパーコンバージド製品の見極め方

TCOで大幅な削減効果が期待できるハイパーコンバージドインフラ。豊富なラインアップの中から、どの製品を選ぶべきか悩む担当者も多いはずだ。そこで、本資料では定番製…

IT製品取扱い企業向け:最新2-in-1デバイスのモニター募集

抽選で3名様にデルの最新2-in-1デバイス「Latitude 5000シリーズ 2-in-1 5285」を無料で利用できる無料モニターキャンペーンを実施中。当…

データを即時反映、格段に見やすいレポートで経営層の不満を解決

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

セキュリティ担当者がWebプロキシソリューションの導入を検討するとき、誤解があったり逆効果になっていたりする場合がある。そこでWebプロキシの仕組みや、次世代フ…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026965


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ