ファイルサーバの最適化支援システム SAVVY Sheepdog


ファイルサーバの最適化支援システム SAVVY Sheepdog


ジップインフォブリッジ

Keyノート

  • 基本情報
  • ファイルサーバの最適化支援システム SAVVY Sheepdogの特長
  • ファイルサーバの最適化支援システム SAVVY Sheepdogのスペック

ファイルサーバの最適化支援システム SAVVY Sheepdog

掲載日:2015/03/31
更新日:2015/04/09


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ファイルサーバ内のデータ肥大化に頭を悩ます企業。ファイルサーバが抱える無駄やリスクを軽減し、健全運用を維持したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ファイルサーバに保存されている膨大なファイルの使用状況を分析し、無駄やリスクを見える化することで、ファイルサーバの最適化を支援するソフトウェア。
価格情報 75万円 ※税別
サポートエリア 全国


特長


サーバ最適化

重複ファイルも、くまなく発見!ファイルサーバの無駄を見える化


SAVVY Sheepdogは、ファイルサーバに保存されている膨大なファイルの使用状況を分析し、無駄なファイルやリスクを含むファイルを整理。ファイルサーバの最適化を支援するソフトウェアだ。複数のファイルサーバに対して、利用状況に合わせた収集ルールを設定することで、ファイルサーバ内の「資源の見える化」を実現。ファイル資源量の肥大化を抑制するだけでなく、アクセス権限の不整合や重複ファイルの放置など、ファイルサーバの管理不備も見える化。ファイルサーバの効率的運用を強力に支援する。

無駄なファイルを簡単検出
ファイルサーバに散在する重複ファイルをくまなく発見することが可能。重複、非活性、セキュリティ不整合など、様々な観点でファイルを収集する。

非活性なファイルを検出
一定期間、更新していないファイルやアクセスしていないファイルを効率よく検出できる。

リスクを含むファイルも検出
アクセス権限の矛盾を発見・通知することも可能。また、日々の利用状況をモニタリングし、様々な角度から分析することで、ファイルサーバの健全運用を維持する。

収集した情報から様々な観点で分析
ファイル種別、所有者、利用推移など様々な観点から分析ができる。分析した結果は、グラフ表示、CSV出力などが可能。更に、該当ファイルの移動処理、抹消などのアクションを実施することで、ファイルサーバを最適な状態に維持することができる。




このページの先頭へ

スペック

製品名 ファイルサーバの最適化支援システム SAVVY Sheepdog
メーカー ジップインフォブリッジ
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 対応ブラウザ:Internet Explorer 6.0以上
サーバ側OS Windows Server 2003 R2/2008/2008 R2
サーバ側対応プロセッサ クアッドコア以上 ※
サーバ側必要メモリ容量 3.5GB以上 ※
サーバ側必要ディスク容量 165GB以上 ※
サーバ側その他動作環境 Web Server:Apache Tomcat
Adobe Flash Player 9以上
その他特記事項 ※上記サーバスペックは、1システムにて5TBのファイルサーバを対象としたことを前提に算出。

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ




掲載企業


ジップインフォブリッジ株式会社
部署名:SAVVYビジネス部
住所:〒135-0016 東京都江東区東陽2-4-24
TEL:03-5690-7734
FAX:03-5690-7746


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026887


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ