標的型攻撃を防ぐ新しいエンドポイントのアプローチとは?

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2015/03/30
更新日:2015/05/29


標的型攻撃を防ぐ新しいエンドポイントのアプローチとは?
アンチウイルスソフトなどのセキュリティソフトは必要不可欠な存在だが課題も多い。
「重くて面倒」「業務に支障が出ている」など、ユーザの利便性を損なうだけでなく、ユーザの問い合わせ対応や定義ファイルの更新といった様々な業務が、システム管理者にも重くのしかかっている。そこで今回、こうした問題を引き起こす従来のアンチウイルスソフトの原因は何?その問題を根本的に解決する方法?などについて分析する。

解決のカギは、従来と全く異なるアーキテクチャでエンドポイントのセキュリティを実現した「Webroot SecureAnywhere Business エンドポイント プロテクション(以下、セキュアエニウェア)」。
世界的なセキュリティ対策製品のベンチマーク・テストの総合評価において、「セキュアエニウェア」は最高得点を獲得(※)。誰もが良く知るセキュリティソフトを押しのけ、高い信頼性を獲得している。
※出典:PassMark Software, Webroot SecureAnywhere Cloud Antivirus vs. Six Competitor Antivirus Products(August2014)

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「標的型攻撃を防ぐ新しいエンドポイントのアプローチとは?/誰もが感じる!セキュリティソフト、5つの課題と解決のヒント」 (全文)では、「標的型攻撃を防ぐ新しいエンドポイントのアプローチとは?」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「標的型攻撃を防ぐ新しいエンドポイントのアプローチとは?」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ウェブルート株式会社


掲載企業 ウェブルート株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

電子メールを通じたサイバー攻撃は依然として増え続けている。サンドボックスを識別して疑わしい挙動を見せないものや、悪質なリンクを潜ませるものなど、攻撃の巧妙さも増…

リソースの使用率を最大限まで高める インフラを柔軟に構成する仕組み

多様なデータ分析を支援するために、インフラ運用はオーバープロビジョニングと容量をより多く確保する形で進んできたが、リソース使用率の低下が課題である。近年ではリソ…

なぜわざわざ「次世代インフラ」に移行するのか? 知っておくべき10個の理由

俊敏性よりも安定性を重視した従来型インフラが、今、アプリケーションやサービスの開発現場で足かせとなりつつある。そこで、モバイル、ソーシャル、クラウドに向けた開発…

ICTだけでは不十分、デジタルマーケティングがうまくいかない理由

顧客情報が共有できていないために、せっかくのデジタルマーケティングが有効に機能しないケースがある。クレームを寄せている顧客に型通りのビジネスメールを送って、火に…

事例で学ぶクラウド選び――サービス選定の意外なポイントは通信にあった!

2016年8月に登場した移動式の留守番カメラ「ilbo(イルボ)」。開発元のエクストランは、映像通信コストの軽減と安定したサービス提供のために、これまで選択肢に…

クラウドなのにオンプレミスのような利便性 丸ごと1台専有サーバの魅力とは

合成樹脂事業を手掛けるプライムポリマーは、データ保管の課題を解消するため、サーバのリプレイス時にシステムの容量増加や性能強化を図った。ストレージ専有サービスに移…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10026866


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ